錦戸亮★へこませたmiwa★俺を男として見てない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「錦戸亮★へこませたmiwa★俺を男として見てない」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎え、「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「9月23日」は、「音楽アーティスト」として「ギターリスト・古川昌義、アコースティックギター界」の「カリスマ・押尾コータロー」、歌手の「miwa」が登場し、「アコースティックギター特集」が行われました。

また、「ジャムセッション」では、「錦戸亮」が「ギター&ボーカル」を担当し、「斉藤和義」の「歌うたいのバラッド」を披露しました。ほかにも「関ジャニ∞」からは、「丸山隆平」が「ベース」、「大倉忠義」が「ドラム」で参加しました。今回は「4本」の「アコギ」を使った「スペシャルアレンジ」ということで、「古川昌義、押尾コータロー、miwa」との「セッション」になったのですが、「錦戸亮」はこの中で唯一の女性である「miwa」と向かい合って歌う「セットステージ」に緊張していた様子です。




「亮は、なんかね、向かい合ってセッション」と「村上信五」に話を振られると「そう、めっちゃ恥ずかしかったんすよ、僕」と「錦戸亮」。これに「miwa」は「めっちゃ緊張しました」と返事をしていましたが「え?緊張しました?あっそうなん?全然「緊張しているように」見えへんかったから、俺だけ1人で恥ずかしがって何やってんねんやろって」と、自分だけが緊張していると感じていたようです。中でも「目の前にして「愛してる」って歌うんですよ。miwaちゃんめっちゃ堂々としてるからウワ~って思って」と、向かい合って歌う「シーン」が恥ずかしかったと明かしていました。

すると、この時の「錦戸亮」の様子を見ていた「大倉忠義」が「すごいへこんでたよ。「俺を男として見てない」って」と大暴露します。この告白には「スタジオ」も大爆笑で、「錦戸亮」は思わぬ暴露に「恥ずかしい。なんか、恥ずかしくなってきた」と顔を赤らめていたのでした。

そして実際の「セッション」を見た視聴者からは「向かい合いながら照れくさい歌詞を照れながら歌う亮ちゃんが、今この世界で一番愛おしい瞬間でした」「亮ちゃんの渾身の「“愛してる”」がかっこよすぎた」「自分を目の前にして、女の子に「“愛してる”」って堂々と歌われて「俺を男として見てない」ってへこむ錦戸亮ちゃんかわいすぎるな」という声が上がっていました。




ですが一方で、「亮ちゃん1人がよかったのに この歌、2人で歌う曲じゃないのになぁ プロデューサーさん、センスないなぁ」「大好きで大好きでずっと聞きたかった亮くんの「歌うたい」だったけど、女の子と向かい合って歌うのは求めてなかったんだよなぁ!」「錦戸亮ちゃん1ボーカルで、ハモリを入れるなら男性の声を当てる形で聞きたかったかな」という声も聞かれました。

名曲として長く愛されているからこそ、女性の「ハモリ」に違和感を覚えた人が多かったようですが、楽曲の新しい一面を引き出してくれるのも「ジャムセッション」の見どころの「1つ」です。「渋谷すばる」が抜けてしまった今、「錦戸亮」にはもっと堂々と男らしく振る舞ってほしいものですね。

素晴らしい「ジャムセッション」と思えた「ファン」も居れば嫉妬した「ファン」も居てどちらの気持ちも分からなくもないですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。