加藤シゲアキ&小山慶一郎★インチキ占い師に迫る★占い業界のタブー 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「加藤シゲアキ&小山慶一郎★インチキ占い師に迫る★占い業界のタブー」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」です。「9月21日」深夜の回では、現役の占い師たちが「スタジオ」に集結しました。「加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「占い業界のタブー」に切り込みました。

そもそも「占い」とは、「生年月日占いや手相、占星術、タロット」など長年の統計に基づいた学術的なものです。占いの「インターネットサイト」や「アプリ」は、利用者数「1,000万人以上」と年々増え続け、「占い業界」の市場規模は「1兆円以上」といわれています。そこで「加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が現役占い師を招き、「インチキ占い師」を見抜く方法など「“占いの問題点”」を明らかにしました。




まずは、「ファッション誌」で占いの監修もしている「占い師・天海「あみ」氏」が、「占い師には公的な資格がないので、やろうと思えば明日から占い師っていうこともあります」と、東京だけで「5万人」の占い師が存在し、誰でも簡単になれるという占い師の現状を告白しました。例えば、「イギリス」では公的に「英国占星術協会」というものがあり、協会に所属しないと占い師と認められない一方、日本には必ず所属しなければならない公的機関がないことを伝えました。そのため、「金銭トラブル」が発生することも少なくないといいます。

「小山慶一郎」は「占いのお金にまつわるトラブルが問題になっている」とし、「2016年に国民生活センターに寄せられた占いサイトに関する相談は1,500件、サイトに注ぎ込んだ金額が100万円以上が640人、500万円以上が138人いる」と紹介しました。これに対して、「加藤シゲアキ」が「それだけ不安なんだね、みんな」と考察し、なにかしらの不安感から占いに頼ってしまうのではないかと推測します。「ゲスト」の「バイきんぐ・小峠英二」は「500万使ったら、間違いなく今よりは良い方向に持っていける」と言い、「スタジオ」を笑わせました。

鑑定料については、「手相アカデミー」の校長を務める「松岡百歩氏」が「占いの値段には、相場がちゃんとあります」と話し、「鑑定料を決めるのは、占いの「経験、鑑定歴、実力、人気」によって上下があるんですけど、すごい占い師だと1時間12万円」と驚きの金額を告白しました。ですが、それは法外で「相場は対面が30分で3,000〜5,000円。電話は1分で200〜350円」と明らかにしました。




また、「インチキ占い師」を見抜く方法として、「天海あみ氏」は「物販がくっついてきたらちょっとマズいなと」と、印鑑や壺などを買わせる開運物販は「インチキ」の可能性が高いと主張しました。「松岡百歩氏」は「100%当たるって言いきる占い師」「精神疾患など病気も治せるという占い師」「霊が見えるという占い師は明らかに詐欺」などと持論を明かし、占いは霊感ではなく「“技術”」だと「コメント」しました。

「霊感タロット」を得意としている「占い師・天河りんご氏」も、「占いは超能力ではありません」と主張します。事前に占う相手を調べた後、さも占いで当てたかのように見せる技術「ホットリーディング」や、自分の情報を漏らすよう誘導する「テクニック」「コールドリーディング」を使う占い師も存在するといい、それらは「インチキ」かもしれないと警鐘を鳴らしました。

「SNS上」では、「霊鑑定はインチキみたいな言い方、本当に見える人に失礼。誰を信じるか自分次第」「コールドリーディングしてない占い師なんている? インチキ占い師の手口がコールドリーディングならほぼ皆」「占い師本人が本気か、騙そうとしてるかだけの違いでは?」などさまざまな意見が寄せられていました。

自分に都合の良い占いが出れば「インチキ」とは思わないでしょうね。本当のところは占ってもらう方には分からないことですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。