滝沢秀明★新潮★ジャニーズ不協和音否定★木村拓哉&ジュリー氏確執に疑惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「滝沢秀明★新潮★ジャニーズ不協和音否定★木村拓哉&ジュリー氏確執に疑惑」の事をお伝えしたいと思います。

年内いっぱいでの芸能活動引退を発表した「滝沢秀明」が、「9月27日」発売の「週刊新潮」「新潮社」の「ロングインタビュー」に登場しています。「ジャニー喜多川社長」との、「6時間」にも及んだという話し合いの詳細、また「藤島ジュリー景子副社長」との「“確執”」を一蹴するなど、最近の報道に対する反論も展開されています。

この「インタビュー」が「新潮」で実現したのは、「ライバル誌」である「週刊文春」「文藝春秋」に対して、「滝沢秀明サイド」が「“カウンター”」を仕掛けたかったからのようです。「文春」は「8月時点」で、「滝沢秀明」の裏方転身を「スクープ」しており、また「滝沢秀明」と「ジャニー氏」が、「ジュリー氏」に対していい感情を抱いていないことも、「“ジャニーズJr. の弁”」として報じていました。




元から「ジャニーズ」では、親交のない週刊誌に「所属タレント」を出すことはまずあり得ません。ですが、「「新潮」はメリー喜多川副社長とのパイプがあるため、異例のインタビューが実現した」とみられているようです。

「SMAP分裂騒動」の際には、「メリー氏」が「新潮」の「ロングインタビュー」に登場し、事のいきさつを事細かに説明していましたが、恐らく「ジャニーズサイド」が「週刊誌にいろいろ報じられるより、本人の口から語ってもらうのがベスト」と考えたのでしょう。今回も同様に、「滝沢秀明」自らに、引退を決意した真相から、事務所内部の不協和音に至るまでを説明させることで、「マスコミ」の詮索を制止できると判断したのではないでしょうか。

ですが、「インタビュー」を読んだ業界関係者からは、「滝沢のポジティブな発言の中に、影が潜んでいる」との声が続出しているようです。

「文春」で報じられた「中居正広」との確執について、「滝沢秀明」は「一番最初に心配して連絡くださった」と、真っ向から否定します。その後も、「近藤真彦」や「東山紀之」が連絡をしてきたそうですが、なぜか「木村拓哉」からは「会社を通じて連絡ありました」と言っているようです。この点について「暗に木村が、マネジャーを通じて探りを入れてきたと言っているようなもの」「なぜ直接連絡しないのか?」「壁があるように感じる」などと、訝しがる記者も少なくありません。もしかしたら「滝沢秀明」は、嘘がつけない性格なのでしょうか。




また、「文春」は、「滝沢秀明」と「ジュリー氏」の関係は良好ではないとし、「滝沢秀明」が以前「ジャニー氏が居なくなったら「ジャニーズを辞める」と周囲に宣言していた」とまで報じています。こちらについても「滝沢秀明」は「新潮」で、「僕は毎日、ジュリーさんと連絡を取っていますよ」と反論していますが。

ですが、「滝沢秀明」は「ジャニーズを辞める」と報じられた部分については言及を避けていますし、今回の引退についても、「ジャニー氏」と「2人」で話し合って決めたと明言しているだけに、「ジュリー氏」が蚊帳の外であったことを隠していないんです。「メリー・ジュリー両氏」が、「ジャニー氏」をないがしろにしていたことは、かねてから関係者だけでなく「ファン」からも疑われている点ですが、「滝沢秀明」の「インタビュー」を読んで、よりいっそう疑惑が深まりまったようです。来週以降、「文春」が、「滝沢秀明」の弁に反論する形の記事を掲載する可能性もあるようです。

「滝沢秀明」、そして「ジャニーズ事務所」をめぐる「文春」「新潮」の報道合戦が、今後さらに過熱してしまうのでしょうか。

「滝沢秀明」の現時点での立場として「ロングインタビュー」で精一杯の心境を語っていることは間違いないでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。