松岡昌宏★Uber Eats★初めて知りパシリってこと★超アナログ人間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★Uber Eats★初めて知りパシリってこと★超アナログ人間」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「9月26日」に放送されました。この日の「ゲスト」は歌手の「きゃりーぱみゅぱみゅ」です。「TOKIO最年少」の「長瀬智也」と比べても「15歳差」の「ゲスト」となりましたが、中でも「松岡昌宏」との「ジェネレーションギャップ」が明らかになりました。

この日はまず、一般人が抱く「きゃりーぱみゅぱみゅ」の「イメージ」をまとめた「イメージ調査」の「VTR」が放送されました。一般人の「電車乗らなそう」「彼氏に自分の気持ちを言えなそう」などの「イメージ」が紹介された後、「長瀬智也」から「筋トレしなさそう」、「松岡昌宏」から「年下とつき合わなそう」、「城島茂」からも「四国言えなそう」などの「イメージ」が飛び出していました。




これらの「イメージ」に対し、「きゃりーぱみゅぱみゅ」は「山手線しか乗らない」「彼氏に自分の気持ちは言える」など「一つ」ひとつ答え、「TOKIO」からの「イメージ」に対しても、「筋トレはすごくする」「甘えたいから年下とはつき合わない」と回答しました。さらに、「城島茂」の「イメージ」にも「四国は言える」と答え、四国のほかに九州の県を答える「クイズ」を「長瀬智也、松岡昌宏」と共に行いました。

そんな中、「彼氏からの返信待てなそう」という「イメージ」から、「きゃりーぱみゅぱみゅ」の「スマホ」の入力速度が速いという話題になりました。そこで、どのくらい速いか確かめるために、「LINE」で「TOKIOメンバー」と「グループ」を作成し、山手線の駅名を答え合うという「ゲーム」をすることになりました。すると、途端に目が泳ぎ始める「松岡昌宏」です。「スマホ触ったことがない」と言いつつ、「ガラケーだったら見ないでも打てるよ」と豪語しましたが、「LINE」はもちろん「スマホ」です。番組から支給された「スマホ」の使い方を「きゃりーぱみゅぱみゅ」に教えてもらい、「チーム」を組んで「ゲーム」に挑戦することとなりました。

ですが、結果は「松岡昌宏」が「2駅」しか言えず、「きゃりーぱみゅぱみゅ」&「松岡昌宏チーム」は敗北しました。「ゲーム」終了後、「松岡昌宏」は「ていうか、これ今みんなで作ったの?このコミュニケーション!」と発言します。「LINE」で「グループトーク」ができることを知らなかったといい、「待ち合わせとかにすげー便利じゃない?」と今さらながら感嘆していました。さらに「他メンバー」から、「松岡以外のLINEがあって、そこで決まったことを松岡にはショートメールで教えている」と明かされると「松岡昌宏」は爆笑しました。「国分太一」から「「はじめてのおつかい」行く?松岡、スマホを買いに行く」と提案されたのでした。




その後、「きゃりーぱみゅぱみゅ」の好物の「1つ」が「Uber Eatsで頼むキムカツのチーズカツ」と挙げられるも、「松岡昌宏」は無関心です。「国分太一」から態度を「ツッコ」まれると、料理の「デリバリーアプリ」「Uber Eats」という「ワード」を「聞いたこともない」と釈明していましたが、「きゃりーぱみゅぱみゅ」と「他TOKIOメンバー」に説明され、「パシリってこと?」と発言しました。「松岡昌宏」が初めて「デジタル」からなる最新の文化に触れた瞬間となりました。

この日の放送に視聴者からは、「コミュニケーションとかパシリ笑った!」「松岡くんがスマホに目覚めるか?と思ったけど目覚めなかったね「笑」」「太一くんの「はじめてのおつかい」の提案面白かった!」といった声が集まり、盛り上がりを見せていました。今後、「松岡昌宏」の「デジタル音痴」が番組で克服されていくのか、楽しみにしたいですね。

「超アナログ人間」なところが「松岡昌宏」の魅力の「一つ」かも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。