岸優太★筋肉の貯金がある★ラーメン屋厨房★突然の腹筋披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岸優太★筋肉の貯金がある★ラーメン屋厨房★突然の腹筋披露」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」内の「King&Prince」の「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」で、「9月24日」から「28日」は「岸優太」が「蘭州拉麺職人」に弟子入りしました。前回の企画ではそば職人に弟子入りしていた「岸優太」です。そのため、先週の予告で再び麺職人に弟子入りすることが明らかにされると「ファン」からは「岸くんはまさかの麺!デジャヴですか?」「また粉もの「笑」?」「岸くんまた麺かよ!」という声が続出していました。

弟子入り場所は、「東京・神保町」にある「馬子禄牛肉面」です。今回「岸優太」が挑戦する蘭州拉麺の特徴は、機械や道具を一切使わない手延べ麺ということです。麺をひねりながら伸ばしていくことで、どんどん本数を増やしていくのですが、これを見た「岸優太」は「マジックだ!これはすげぇ!中国4000年の歴史って感じですね」と感動します。ですが、試食では口に入れすぎたあまり「ゲホッ。うえっ!」と言ってしまい、「食レポ」としては「0点」でした。




まずは麺に触れず、手の器用さを見るため肉を切るところから「スタート」しました。指が長くて綺麗だと「ファン」に評判の「岸優太」は、「指なら任せてください。僕手がめっちゃキレイなんです!」と自信満々ながらも、まるで木のような「チャーシュー」の塊に手こずり、なんとか「クリア」してやっと麺づくりになります。

もんじゃ焼きのように土手を作っていき、時間をかけて麺を作っている師匠を見て「ぶっちゃけ機械を出せばいいのにと思わないですか?」と「岸優太」が素朴な疑問をぶつけると、「ぶっちゃけ思いますね」と師匠からまさかの回答です。ただ、だからと言って機械が出てくるわけでもなく、「岸優太」は麺づくりに悪戦苦闘します。すると、こねる姿を見ていた師匠が「意外と筋肉というか、力あるんですね」と一言。これに「ジムに前行ってて、まだ貯金があるかなって感じです。筋肉の」と「岸優太」が応答すると、「スタッフ」から「ちょっと筋肉見せて」という声がありました。

そして「見たいっスか?」と期待に応えてくれた「岸優太」は、「朝から失礼します」と言いながら、綺麗に割れた腹筋を披露します。「影でもうちょい「筋肉を」出せる」「来い!もっと出ろ!」と、「ポーズ」にこだわりつつ披露する姿を、師匠があぜんとして見ていたのがなんとも「シュール」でした。




ですが「ファン」は「キレイなお手手と腹筋見れて超絶幸せだった」「岸くん、腹筋も上腕二頭筋もキレッキレ。見せたあとにはキラキラ笑顔」「岸くん、腹筋見せるの好きだね「笑」。手合わせて拝んだよ」と大喜びだったようです。

その後は、今回の最大の見せ場である麺を伸ばしてひねる作業に入り、「スライム」で練習をしながら上達していった「岸優太」です。そして、いよいよ集大成でもある、麺を増やしていく工程に入ったのですが、これが相当難しかった様子です。準備された「4玉」のうち「3玉」を失敗にしてしまい、残るは「1玉」となります。ここでようやく成功するも、本来は握って麺を切るところで手を離してしまい、「ドタバタ」しながらもそのまま茹で釜の中に投入します。その結果、絡まってしまうほど麺が長く、師匠いわく「60点」の拉麺が出来上がったのでした。

今回は、拉麺づくりよりも「岸優太」の「指」や「腹筋」にも注目した構成になっており、当初麺づくりに若干落胆していた「ファン」にとっても、満足できるうれしい内容になっていたようです。

「ジャニーズアイドル」としていつまでも体型維持や「筋力アップ」に日頃の「トレーニング」に余念がないことを伺わせますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。