関ジャニ∞★台湾公演ファン暴走★安田章大日本ファンに意味深投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★台湾公演ファン暴走★安田章大日本ファンに意味深投稿」の事をお伝えしたいと思います。

「6人体制」となった「関ジャニ∞」が、「9月22日」と「23日」に「台湾・台北アリーナ」で『KANJANI’S EIGHTERTAINMENT GR8EST in Taipei』を開催しました。「同グループ」にとっては初の海外公演となり、「2日間」で「2万2000人」を動員しました。会場には現地の「関ジャニ∞ファン」や、日本から応援に駆けつけた「ファン」も参戦し、大歓声に包まれていたといいます。一方で、公演終了後は熱狂的な「台湾ファン」の言動が、「ネット」上で問題になってしまいました。
「コンサート」の演出で客席に近寄った際の出来事なのか、「大倉忠義」の「服を引っ張るファンがいた」との不確定情報が拡散され、日本にいる「ファン」たちが「台湾、マナー悪すぎだね。大倉くんの服引っ張るとかやめて」「そんなことされるためにエイトは台湾行ったの?」「ケガでもしたらどうするの?」と、大騒ぎする事態になりました。会場入りしたとみられる「ファン」から、「私がいた通路は大倉くんの腕を引っ張ったりする人はいなかった!」と擁護する「コメント」が上がるものの、「“台湾のファン=マナーが悪い”」との認識が広まってしまいました。




初日の終演後には、「コンサート中」に発射される「銀テープ」を回収しようと、「ステージセット」に侵入する女性の姿も見られたようです。会場にいた「日本人ファン」がその光景を撮影し、「めちゃくちゃ楽しいコンサートだったのに どんな神経してるの?」などと愚癡を漏らしながら、動画を「アップ」したようです。その映像では、「銀テープ」を持った「2人」の女性が、「バックステージ」の花道と思しき「スペース」を急ぎ足で渡る場面が。柵を乗り越えて自分の客席に戻っていく瞬間も確認でき、それぞれ「オレンジ、緑」が目立つ服を着ていることから、「メンバーカラー」が緑の「大倉忠義」、「オレンジ」の「丸山隆平ファン」である可能性が高そうです。

投稿主は会場内での動画撮影を咎められたのか、後に問題の動画を削除してしまいました。ですが、現地での「スタッフ」の対応に不満を抱き、改善を促す目的で投稿したと、釈明していたようです。これらの「レポート」や動画を見た日本の「関ジャニ∞ファン」からは、「台湾、マナーの悪かったエイター「関ジャニ∞ファン」がいると知って悲しくなった」「台湾か日本のエイターかわからないけど、マナー悪すぎて引く」「服を引っ張るとか銀テをスタンドまで拾いに行く 今すぐに関ジャニ∞を日本に連れて帰るべき」と、怒りや呆れた声が上がっています。




そんな騒動も収束する中、「27日」には「安田章大」が「公式携帯サイト・Johnny’s web」の連載「関ジャニ戦隊∞レンジャー」で、台湾滞在中の出来事を振り返りました。まずは、「ホテルスタッフ」への感謝を綴った上で「暑苦しいくらいでちょうどいい」と自身の考えを述べ、「感覚が違うならば無理して理解しないでください「笑」心が疲弊しますよ?」と、意味深な一文を書いています。また、台湾と日本の「ファン」は「おんなじだけ温かい、情熱的!」とも語っています。国が違えば文化も違うのは当然だとして、「コミュニケーションを取り、国を知り、人の在り方を知り 歩み寄り合うべきだと感じました」と、持論を述べました。

この内容を受け、「ファン」からは「台湾と日本は文化も常識も違うから、お互い受け止めてるしかないんだな。安田くんの言葉を読んでスッキリした」「ヤスの日記は言葉も丁寧だったし、いろいろ考えさせられた」と「安田章大」の意見に考え方をあらためる「ファン」もいれば、「自分は安田さんと思考が合わない人間なんだなと、文章を読んで思った」「今回の安田の言葉は気に入らない」「安田くんの言葉は、いつも通りお茶目で明るいけど、逆鱗に触れてしまったような気がしてちょっと怖い」などと、さまざまな感想が飛び交っています。「安田章大」独自の表現で気持ちを吐露している分、受け取り方も人それぞれだったのかもしれません。
ひとまず「ツアー」はお休みとなり、今度は「11月」の「京セラドーム大阪公演」が控えています。「メンバー」の「地元・関西」での「コンサート」とあって、大きな「トラブル」や「マナー違反」もなく、無事に終了することを願いたいですね。

無事に「台湾公園」を終えられたことに「ファン」は安堵したいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。