大倉忠義★スキマスイッチの奏系男子★身勝手やわとブチ切れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★スキマスイッチの奏系男子★身勝手やわとブチ切れ」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎え、「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「9月30日」は「男女別の泣ける歌」「ベスト10」を発表しました。「“奏系男子”」という言葉も登場し、大きな反響を集めていました。今回「スタジオ」には司会の「村上信五」をはじめ、「関ジャニ∞メンバー」からは「錦戸亮、大倉忠義、丸山隆平」が登場し、「ゲスト」として「高橋真麻」が出演しました。

男性と女性では「“涙腺ポイント”」が異なるという部分に焦点があてられ、話が展開されていったのですが、女性の場合は「恋愛にストーリーがあって、それが曲と結びついている」と「高橋」。これに「進行サポート役」の「宇賀なつみアナウンサー」も「自分の思い出とセットであって、酔っぱらって聴くと泣いちゃう」と言うと、「村上信五」は「これは男性でもなぁ、大倉くん」と「コメント」します。すると「大倉忠義」は「お酒飲むとだいたい泣きます!!」と告白し、「そうやんなぁ」と「村上信五」も同調しました。結局、「曲は関係ない」ということになり、「スタジオ」の笑いを誘っていました。




また、番組後半では「スキマスイッチ」の歌う「奏」「2004」に出てくるような、「自分の悲しい気持ちを押し殺して別れた後の未来までも愛をおくり、女性を包み込んでくれるような男性」=「奏系男子」という言葉が登場します。これに「ロールキャベツ男子で終わりちゃいますの? まだあります?」と驚く「村上信五」でしたが、奏系男子こそが女性の理想像だという話になると、「大倉忠義」は「いや、身勝手やわ!!」と憤慨しました。「こっちの気持ち全然考えてないもん」「何にもわかってないわ~」と不満は止まらず、これには「丸山龍平」も「だから結局出ていったら「女は男のことを」忘れるんでしょう?」も納得がいかない様子でした。

すると、再び「大倉忠義」は「こっちの我慢してる気持ちを全然わかってないじゃないですか!」と「不満タラタラ」です。これには視聴者からも「女性の理想である奏系男子に対する大倉さんのご意見サイコーでしたね。仰る通りすぎるわ」「奏系男子「爆笑」。そんなヤツいないよな。身勝手まさにその通り」と「大倉忠義」に賛同する声も聞かれました。

また、女性視聴者からは「初めて聞いたけど、確かに理想だわ」と共感する声と「奏系男子が全女性の理想ではない」と反発する人とで意見は分かれる結果になりました。




ただ、「関ジャニ∞」の中だと「奏系男子は安田くんだよね」「奏系男子代表は安田章大に違いない」「いやぁ、安田さん奏系男子だろ~」という「ファン」の声も聞かれました。今回、放送にはありませんでしたが、雑誌に掲載された「収録レポート記事」によると、どうやら「村上信五」も「安田「章大」くんはひょっとしたらこれかも」と同じようなことを口にしていたようです。

「他人の幸せは僕の幸せ」だと断言している「安田章大」です。「メンバー」からも当てはまると言われているだけに、「奏系男子=安田章大」というのはあながち間違っていないかもしれないですね。

「大倉忠義」の意見に対しても賛否両論あるのは仕方のないことですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。