高木雄也★田中樹・少年たち そして、それから…★全然招待されない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「高木雄也★田中樹・少年たち そして、それから…★全然招待されない」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「JUMP da ベイベー!」「bayFM」が「9月28日」深夜に放送され、「ジャニーズJr.」について語る一幕がありました。

この日最初の話題は、「有岡大貴、高木雄也、八乙女光」の「3人」で観劇した「ジャニーズJr.」が出演する舞台「少年たち そして、それから…」について。「ジャニーズ公式携帯サイト・Johnny’s web」で「Hey!Say!JUMP」が更新している「ブログ」「JUMPaper」で観劇したことが明かされていたため、「リスナー」から「見に行った感想などを教えてください」との「メッセージ」が届きました。




「9月7~28日」まで日生劇場で公演が行われていた「少年たち そして、それから…」です。「2人」は口々に「楽しかったね」「面白かったよね」と感想を口にし、出演したのが「ジャニーズJr.」内「グループ・SixTONES」と「Snow Man」だったと紹介しました。さらに舞台を見に行くきっかけは「SixTONES」の「メンバー・ジェシー」に「有岡大貴」が誘われたことだといい、「9月17日」に行われた音楽番組「ミュージックステーション ウルトラFES 2018」「テレビ朝日系」の「リハーサル」と本番の合間に観覧したことなども告白していました。

「高木雄也」は「ジャニーズJr.」の舞台を久々に見たといい、「「こんなに成長してるんだ!」と思って」と感動したことを明かし、「有岡大貴」も「小さい頃を知ってるからさ。僕らのバックについてくれてたり。「森本」慎太郎もさ、めちゃくちゃ小さかった。9歳とかだったよね?目くりくりでね」と話したものの、現在の姿は「筋肉ムキムキ」で「笑いキャラ」になっていたといい、「でも素敵でした。輝いてましたね!」と、「歌、ダンス、芝居」を絶賛していました。

また、「高木雄也」が舞台でわからないことがあると、「有岡大貴」に話しかけまくっていたことや、楽屋では出演した「Jr.」と交流したことなども報告され、とても楽しんだ様子でした。「高木雄也」は「今回は舞台だったけど、またライブとかも行きたい」と意気込むものの、「全然招待とかされないけど、俺「笑」」と一言。仲の良い「SixTONES」の「田中樹」からは普段「ライブ来てください」「ご飯食べにいきましょう」などと「メール」が来るのにもかかわらず、今回の「少年たち」はお誘いがなく、そんなところに「有岡大貴」へ「ジェシー」からお誘いがあったため、「なんで俺「招待」来てないんだろうってジェラシー」と、も冗談交じりに話していました。




この日の放送に「リスナー」からは、「Jr.たちとの関係を大切にしてる感じ、すごく素敵!」「樹の作戦にまんまとハマってる高木くん可愛い!ほんと仲良いよね」「2人がすごくお兄ちゃん感あった!世話焼きなのかな~」といった声が集まっていました。

「SixTONES」といえば、「Hey!Say!JUMP」の「バックダンサー」を務めていたことでも知られています。「トーク」内では「また一緒に踊れたらいいよね。踊る機会ほしいね」と話していた「2人」です。親交が深いだけに、「“お兄ちゃん感”」が溢れることになった「トーク」を楽しんだ「リスナー」が多かったようです。

「Jr.時代」からの活動を見てきた関係だからこそ親心みたいな気持ちで見てしまうんでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。