堂本光一★興奮気味のラジオ放送★このテンションはなかなかない★ファン歓喜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本光一★興奮気味のラジオ放送★このテンションはなかなかない★ファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「10月1日」の深夜に放送され、この日は「堂本光一」が登場しました。




「ラジオ出演時」の「テンション」が低いことが「ファン」の間では知られている「堂本光一」です。ですが、この日の放送ではしょっぱなから「愛犬・パンちゃん」の話題が出るなど、「堂本光一」のご機嫌は上々のようです。「言えば男がグッとくる一言」という話題で「トーク」を展開している際には、「すごい、知らなかった、素敵、こんなの初めて」の「4つ」の「ワード」に対し「ピンとこない」としつつ、「この中にはなかった、これは嫌やわ」「俺は年下にすげえタメ語でなにか言われると「うれしい」、若干のM気質があると思うんですよね」と「M宣言」まで飛び出していました。

その後、「高校1年生」の「リスナー」から寄せられたのは、「女子高で出会いもなく、男性に話しかけられません。光一くんだったら、どんなふうに話しかけられれば会話が続くと思いますか?」というお悩み相談に、「堂本光一」は「いいなあ!声掛けられたいわ!」と若干興奮気味です。「声掛けられたことないもん、学生時代。普通に学生時代、高校1年生とか、「“『人間・失格』見てましたよ!”」とか、声掛けられるとしたらそうね」と、その頃は「ドラマ」「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」「TBS系、1994」に出演していた時期で、視聴者から声を掛けられることはあっても純粋な「ナンパ」はなかったことを残念そうに話しました。




さらに「堂本光一」は「想像するね?俺、芸能活動とかしてなくて、普通の一般男子で。で、文化祭で女子から声掛けられる」と「シチュエーション」を想像し始め、「たまんないね!ドキドキしちゃう」と興奮気味に。「アドバイス」としては、「普通にお話しすればいいんじゃない?「女子高で男性となかなか話すチャンスもないんでドキドキします~」っていうふうに言えば、それで話題になるんじゃない?」と、ありのままを話せばいいと「コメント」しました。

この日の放送に「リスナー」からは、「いつもテンション低い光一くんがテンション高かった!!」「やっぱりテンション高いラジオの方が聞いてて楽しい」「M宣言も飛び出したし、このテンションの高さはなかなかないなあ」といった驚きの声が多数あったようです。普段は「テンション」が低いことが当たり前になっているだけに、この「テンション」の高さに多くの「リスナー」が喜びの声を上げていました。

「ファン」もどうせなら「テンション」の高い「堂本光一」の生声を聞きたいのが本音ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。