堂本剛★ジャニーズ事務所★変わらんでええのに★ポリシーの大切さ説く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本剛★ジャニーズ事務所★変わらんでええのに★ポリシーの大切さ説く」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」の活動と並行して、「ソロアーティスト」としても「CDリリース」や「ライブ」を行っている「堂本剛」です。「9月29日」放送の「ラジオ番組」「堂本剛とFashion&Music Book」「bayfm」では、「音楽フェスティバル」への出演をめぐる「ジャニーズ事務所」の変化が語られました。

「昨年6月」、「堂本剛」は左耳の突発性難聴と診断され、出演予定だった「夏フェス」の「SUMMER SONIC 2017」と「イナズマロック フェス2017」を欠席しました。以降は体調に気をつけながら音楽活動を続け、完治には至っていないものの、今年は「SUMMER SONIC 2018」「イナズマロック フェス 2018」に「リベンジ出演」を果たしました。「ソロプロジェクト」の「ENDRECHERI」名義で登場した「堂本剛」は、ほぼ「ノンストップ」で「ファンクミュージック」を響かせ、会場の「音楽ファン」を魅了したといいます。

そんな「堂本剛」は「堂本剛とFashion&Music Book」の「9月29日」放送回で、番組を持ってから「10年」がたつと回顧し、「10年前と今とでは、いろいろな状況が変わってますね」と、「ポツリ」。耳の病気や、「ファンクミュージック」を突き詰めている自分の姿は「想像していなかった」と本音を漏らし、今後の活動については「自分の意思ではなくて、人の意思とかで終わることもあるじゃないですか」「「やめて」って言われたら、『あ、はい。わかりました』って言わなあかんこともあるじゃないですか」と、「“大人の事情”」も関わると告白しました。「10年前」から比べると、事務所の環境も変わったようで、




「それこそ10年前なんて、「フェスは無理。ダメ」って言われてたんですもん。「ルールにない」って言われたんで。「あ、そっか」って諦めましたからね。やのに、なんか知らんけど出てるなぁと思って、出てました」と、暗に「音楽フェス」への出演は事務所側に止められていたと吐露しました。事務所関係者の誰かに言われたのか、「10年たてばルールも変わる」といった主張には「ごもっとも」と感じる一方で、

「変わるんや、みたいなのがちょっと、なんか。うーん って思ってました。「やったらもう、変わらんでええのに」とか、思ったりしてたりする部分もあるっていうか。かたくなっていう意味じゃなくて、ポリシーっていうのかな?大事じゃないですか、ポリシーって。「この10年間で」変わらなかった方がよかったものもあるだろうし、変わって正解なものもあると思う」と、「オブラート」に包みながら今日の事務所の方針を批判するかのような意味深発言まで飛び出したのでした。

「堂本剛」が話したとおり、「10年前」は「音楽イベント」に出演する「ジャニーズタレント」は皆無でしたが、近年はその機会も増加しています。「11年」に「スタート」した「テレビ朝日主催」の「音楽ライブイベント」「テレビ朝日ドリームフェスティバル」には、同年「TOKIO」が参加したほか、現在までに「NEWS・手越祐也&増田貴久」による「ユニット・テゴマス、関ジャニ∞、V6」などが出演し、今年は「NEWS」が「グループ」で登場しています。

また、「TOKIO」は「夏フェス」にも参戦しており、「14年」に「JOIN ALIVE 2014」と「SUMMER SONIC 2014」に出演すると、「ジャニーズ史上初の夏フェス参戦」と「ネット」で大きな話題となりました。「TOKIO」と同じく「バンドスタイル」の「パフォーマンス」も行う「関ジャニ∞」は、「昨年5月」に「METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017」で演奏を披露しています。




近年のこうした活動を見ると、「フェスはダメ」だったことが信じられないが、過去にはフェス出演に関して悔しい思いを経験した「堂本剛」でした。「07年12月」、『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ』の「正式オファー」を受けるも、「“ルール”」の問題により出演できず、当日は会場の日本武道館の外階段で曲を制作して過ごしたと、後に「同ラジオ番組」で明かしています。

その後、「11年7月」には「音楽イベント」「VOICES meets Romantic Beat -Pray for Stars-」に「ゲスト出演」、「13年」には「テレビ朝日ドリフェス」に出演を果たした「堂本剛」でした。おそらく、「TOKIO」や「関ジャニ∞」たちに先駆け、「音楽イベント」や「フェス」に関わろうと、「堂本剛」は事務所内で積極的に「アクション」を起こしていたのでしょう。

こうした経緯を知っている「ファン」は、今回の「ラジオ」を受けて「フェスを許した瞬間、事務所に対して「ポリシーをなくしていいの?」とか言い出す「笑」。まぁ、10年前の剛が可哀想だよね」「「ジョンレノン・スーパーライヴ」の話は切ないよね」「10年前の思いをずっと持ち続けていたからルールも変わったんだと思う」と、さまざまな感情を抱いたようでした。

時には事務所のやり方に疑問を感じつつも、音楽への熱い情熱を楽曲制作にぶつけてきた「堂本剛」です。今後も無理のない範囲で「KinKi Kids」と「ソロアーティスト業」を両立させてほしいものですね。

「堂本剛」にも今までの経験や自分なりの考え方があり、事務所との「ポリシー」の違いに戸惑っているのが分かりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。