TOKIO★何回くらいで甘えていい?&ヨシヨシしてくれる?★黒木華に食いついた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「TOKIO★何回くらいで甘えていい?&ヨシヨシしてくれる?★黒木華に食いついた」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「10月3日」に放送されました。この日「ゲスト」として登場したのは女優の「黒木華」でした。恋愛観や演技観、また芸能界での交流関係などさまざまな「トーク」が展開されました。




「男性のダメ行動 どこまで許せる?」という話題で、「黒木華」が許せるか許せないかを判断していた中、「酔うと甘えてくる男」を「許せる」と回答すると、「長瀬智也」は「甘えてくるって、どのくらいを想像してるんですか?」と質問しました。これに「黒木華」が戸惑うと、「国分太一」は「“実践”」として「長瀬智也」にもたれかかり、「あれ?酔ってきちゃった~」と甘え姿を披露しました。「松岡昌宏」に「本来逆だよね!?」と「ツッコ」まれていたものの、「黒木華」は許容範囲内だといいます。

さらに、「国分太一」が「今みたいに甘えてきたらどうしますか?」と「長瀬智也」に負けず劣らず「グイグイ」聞くと、「黒木華」は肩の辺りを「ポンポン」と触り、許容することを「ジェスチャー」で回答しました。関係にもよりますが、「“ヨシヨシ”」するとのことで、これには「何回くらいで甘えていいんですか?」「国分」「どれくらいの関係でヨシヨシしてくれるんですか?」「松岡」と、「メンバー」も興味津々でした。「仲がいい方だと、そういうノリなのかな、って」と「黒木華」の回答に、「本当にそれは人を勘違いさせますよ」と「松岡昌宏」は忠告したのでした。

その後は、「芸能人のお家にお呼ばれしたことある?」という話題で、「黒木華」は「ムロツヨシ」の家にお呼ばれしたことがあると告白します。「ムロ家」では大根を薄切りにした「ムロしゃぶ」なるものをごちそうになったといいます。また、「2014年」放送の「NHK」「朝の連続テレビ小説」「花子とアン」の撮影時には、共演の「鈴木亮平」から声を掛けてもらい、「吉田鋼太郎」の家で年越しをしたことも明かした「黒木華」でした。




「すごい!」と感心の声を上げていた「TOKIO」でしたが、一方で「4人」のお呼ばれ事情はというと、「国分太一」が「ビートたけし」、「松岡昌宏」が「岩城滉一、ヒロミ、哀川翔、中村獅童」、「長瀬智也」も「岩城滉一」と「ビートたけし、藤井フミヤ」など、そうそうたる面々でした。意外な交流関係に、「スタジオ」を盛り上げていました。

甘える男にまつわる「トーク」では、弾けた様子を見せていた今回の「TOKIO」です。「ネット」上では「みんな女の子に甘えたいのかな「笑」」「お酒飲むとTOKIOは甘えたくなるの?」「食いつきが尋常じゃない!」との声が上がったのでした。

どんなに「カッコ付けている」男でも甘えたい気持ちは心の奥底に隠しているのかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。