三宅健★二十日鼠と人間★困惑と嘆き続出★双眼鏡の使用が申請式 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★二十日鼠と人間★困惑と嘆き続出★双眼鏡の使用が申請式」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ事務所傘下」の「株式会社東京・新・グローブ座」が運営している新宿区の劇場「東京グローブ座」です。「10月3日」には「V6・三宅健」主演の舞台「二十日鼠と人間」が開幕しましたが、今回から劇場内での双眼鏡の使用は「“許可制”」になってしまったといいます。昨今、同劇場での「ジャニーズタレント主演舞台」において、盗撮が横行していたものの、「ファン」の間ではこの事態に賛否両論が出ています。

「グローブ座」は「ジャニーズ事務所」が所有する劇場のため、「ジャニーズタレント」との関わりは深く、今年も「3月」に「関ジャニ∞・村上信五」の一人芝居「If or ・・・Ⅹ」をはじめ、「4~8月」にかけては「関ジャニ∞・丸山隆平、少年隊・東山紀之」出演舞台「泥棒役者」や、「Hey!Say!JUMP・高木雄也、八乙女光」が「ダブル主演」を務めた「薔薇と白鳥」と、「NEWS・増田貴久」主演「Only You ~ぼくらのROMEO&JULIET~」が立て続けに上演されました。




そんな中、「増田貴久」主演作「Only You ~ぼくらのROMEO&JULIET~」に関しては、公演を盗撮した動画が「Twitter」など「SNS」上に出回り、「一部ジャニーズファン」が問題視した一件もありました。

舞台は「7月12日」に「スタート」しましたが、「同月30日」頃から「1階席で双眼鏡の使用が禁止になった」という情報が駆け巡り、「ファン」が騒然となりました。実際、劇場内には双眼鏡の使用に関する張り紙や「アナウンス」をして注意を呼びかけていたようです。「劇場スタッフ」に事情を聞いたという「ファン」によれば、双眼鏡の「レンズ」が反射してしまうことで、演出や俳優の演技の妨げになる場面があったそうです。「完全NG」ではなく、「1階席」でも事前に許可を得られれば使用可能だったといいます。ですが、「ネット」上で「双眼鏡使えないとかマジで勘弁してほしい。1階席でも必要」と不満の声が噴出しました。また、「SNS」には「Only You~」以外に、その前の「泥棒役者」「薔薇と白鳥」の盗撮動画も流出しており、双眼鏡禁止の理由は盗撮が原因ではないかとみられていました。

そして、「二十日鼠と人間」の初日を迎えると、現場の「ファン」が「Twitter」で「グローブ座、双眼鏡申請しないと使用できない。結構並ぶので早めに行ってください」「双眼鏡許可所があって、チケットと双眼鏡ともに写真に撮られ、複数使う時は複数提出」と、報告が上がりました。いつ更新したものなのかは不明ながら、確かに「グローブ座」の「サイト」にある「東京グローブ座主催公演ご来場のお客様へ」との「ページ」には、「双眼鏡をご使用されるお客様は、必ずご観劇前に劇場スタッフまでお申し出ください」「許可のない双眼鏡のご使用は固くお断りいたします。また、録画機能付きの双眼鏡の持込みも禁止いたします」と、記載されています。

「一部」の「V6ファン」は公演前日の時点でこの注意事項を確認していたようですが、現地に着いて把握した「ファン」も多かったのでしょう。「双眼鏡申請、ビックリするほど並ぶ」「グローブ座入場して、双眼鏡受付の列へ。机の上にチケットと双眼鏡を並べてデジカメで撮影される。それからトイレの列に行ったから慌ただしいし、ロビーが人でいっぱいだった」「使う双眼鏡とチケットを渡して、係員がデジカメで写真に収めるという、何とも奇妙なことをされた。何のためか予想はつくけど、そういうことで時間をとるなら、もっと早く来たのに。告知が直前すぎる」と、困惑気味の声が見受けられます。




「ファン」の書き込みによれば、「5~6月」の「薔薇と白鳥」の時は、双眼鏡に関してそこまで厳しい「ルール」はなかった模様です。その後、相次ぐ盗撮を看過できないと判断し、防止のためにも事前に双眼鏡を点検している可能性が高いようです。一方、「増田貴久」は「Only You~」終了後の「8月22日」に「Johnny’s web」の連載「増田貴久の○○」にて、「一部ファン」が歓声や服装を含めて「コンサート感覚」で舞台を見に来ていたと苦言を呈した上で、「オペラグラスは反射して眩しい」「全体を見ないのは勿体ないと思うから、苦手なの」と、本音を吐露しました。「増田貴久」の言い分を見る限り、客席での双眼鏡の利用は「出演者にとって芝居の妨げになる」といった理由や、主催者側が照明などの都合で難色を示した場合もあるのかもしれません。

「ネット」上では「双眼鏡チェックが導入された!盗撮多いもんなぁ いいぞ、グローブ座!」「三宅くん主演のグローブ座公演、双眼鏡使用が申請制になったとはビックリ。まっすー舞台で撮影機能付き双眼鏡を使用した人がいたから対策されたんだね。「薔薇と白鳥」でも密録してた人がいたみたいだし。そういう人がいたら対策されるよね」と賛同する人や、対照的に「双眼鏡自体をチェックするのかと思ったら、チケットと双眼鏡を並べてデジカメで撮影してるだけ。素人目にはあれがどう盗撮防止になってるのか謎」「舞台で双眼鏡チェックはあまり理解ができない そんなに妨げになる?盗撮が減るのはいいことだけど、お金払ってるんだから別に双眼鏡使ってもよくない?好きな人の顔が見たい」「双眼鏡くらい自由に使わせてほしい。申請とかめんどくさすぎる」と、嘆く「ファン」もいるようです。

「三宅健」の公演が「10月28日」に終了した後、「11月7日~12月2日」までは「ジャニーズWEST・濵田崇裕」主演の「歌喜劇/市場三郎~グアムの恋」が上演されます。注意喚起によって「マナー違反者」が減ることを願うばかりですね。

舞台演出や「ジャニーズタレント」の盗撮が頻繁に出るようなら仕方がなのかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。