手越祐也さん★チャラ男★陰でひた隠し過酷試練★自己プロデュース

こんばんは。
今日は「手越祐也さん★チャラ男★陰でひた隠し過酷試練★自己プロデュース」の事をお伝えしたいと思います。

NEWS」は今年、「デビュー15周年」を迎えます。これまで、「メンバー」の「脱退・解雇、グループ」の活動停止と復活を経験しました。数々の苦難を「バネ」にしてきた「ジャニーズグループ」です。

結成当初は「山下智久さん」「関ジャニ∞」の「錦戸亮さん」がいたことも今は昔です。ここへきてようやく、「ニュースキャスター」の「小山慶一郎さん」小説家の「加藤シゲアキさん」「バラエティ」の「増田貴久さん」「世界の果てまでイッテQ!」「日本テレビ系」の「手越祐也さん」と、「4人」の個性が確立された感があります。「バラエティ番組」の「現場スタッフ」はいいます。




なかでも、「手越祐也さん」の万能さは「ハンパ」ないようです。「イッテQ!」では「“エンターテイナー手越”」の「キャッチフレーズ」で、芸人さんを上回る体当たり「ロケ」を見せています。彼はそもそも運動神経が抜群です。学生時代に夢中になっていた「サッカー」はずっと「レギュラー」で、成績も上位でした。応援団長や学級委員長を務め、女子のあこがれの存在だったそうです。初めて「カラオケ」に行ったときに歌を褒められて、さらに高めたいと思って「ボイストレーニング」の学校に入学しました。「4回」ほどで辞めましたが、この経験が「ジャニーズ事務所」に入所後、役立ったようです。

15歳」のときに「ジャニーズ事務所」に履歴書を送付、最初の「オーディション」で一発合格しました。そのわずか「10カ月後NEWS」として「歌手デビュー」しました。ところが、下積みを経験しないまま神輿に担がれたため、その後の試練が尋常ではなかったといいます。

舞台経験が豊富な他の「メンバー」と違って、「手越祐也さん」は「グループ最年少」で、「バックダンサー」もやったことがありませんでした。自分に武器がないことを知って「仕事に行きたくない」とお母さんに「ダダ」をこねたこともあったといいます。




そんな彼ですが持ち前の「ガッツ」で中学生のときに改めて「ボイストレーニング」を開始しました。学校帰りに先生と渋谷の「カラオケボックス」で待ち合わせをして、「個人レッスン」を受けました。「1日2時間」の「ボイトレ」を「2年」ほど続け、高校生の頃になってようやく自信を持てたといいます。このことはずっと、「メンバー」に内緒にしていたそうです。

デビュー後」に「NEWS」は、仕事で「米国ラスベガス」を訪れています。「手越祐也さん」はそこで聴いた「セリーヌディオン」の生声に衝撃を受けて、帰国後に「個人ボイトレ」を再開しました。さらに歌唱力に自信を深め、「06年」に「増田貴久さん」と「テゴマス」を結成しました。「10年」には「2人」で「アリーナツアー」を組めるほどに急成長を遂げています。

明るく前向きで、「チャラ」い男を「自己プロデュース」できる「手越祐也さん」です。彼こそ真の「エンターテイナー」なのかもしれませんね。

才能もあり努力家の「手越祐也さん」は自己分析ができる天才肌なんでしょうね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。