NEWSな2人★ポリアモリー家族続編★ネット上ではもういいの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「NEWSな2人★ポリアモリー家族続編★ネット上ではもういいの声」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」です。「10月5日」深夜の回では、以前放送された「児童虐待の「“今”」」の続編と、当番組で反響の大きかった「ポリアモリー家族」の続編が放送されました。

義父から「7年間」もの間、虐待を受けていた「ブライアンさん」「仮名・26」が「15年」ぶりに義父に会うところから番組は「スタート」しました。義父に「アポイント」の電話を入れた「ブライアンさん」は、「義父の声を聞いた時に、昔に刷り込まれていた声で体がキュッとした」と幼少期に経験した怖さを思い出したと語ります。




再会当日。義父から取材許可はもらえませんでしが、再会から「3時間後」に「番組スタッフ」の元に現れた「ブライアンさん」は、「自分が思ったより 良い人。悪い人良い人で言ったら良い人だったなって印象。悪い人でいてくれたら楽だったんですよ。今回1回会ったらそれで終わりだし、自分の中でスッキリして今後関わることはないと決めていたくらいと思っていたんですけど。『今日がスタート』って、なぜか言ってくれるんですよ」と義父の印象は良かったことを語り、「「義父の」家に入るとお母さんの写真のスペースをとって、飾ってあったことに対して、「当たり前じゃん」って、何の気なしに言ったことがすごくピシーンって入ってきて」と、義父が母を思う気持ちに心を動かされたことを告白しました。また、母の病気の治療費やお墓代はすべて義父が出してくれたことなど、「ブライアンさん」が初めて知ることもあったといいます。

さらに「義父の良いところは何も知らず、悪いところばっかりしか見えていなくて、人柄とかその人の持っている性格があって、その人間性を知った上で、もし手が出てしまったんだったら、今なら全然許せます」と心境を告白しました。番組では、「憎しみ続けた義父を許すことで、ブライアンさんは自分自身が前に進むことを選んだのかもしれない」と結論づけていました。

また、番組で何度も特集され、大きな反響となっていた「ポリアモリー家族」の続編も放送されました。「ポリアモリー」とは、複数の相手と合意の上で恋愛関係を築く概念のことです。「2人」の子どもを持つ「既婚者・若狭美香さん」は、夫公認の恋人がいて、彼を含めた同居生活を送っていましたが、生活費が問題となり破局。元の「4人家族」に戻ったものの、夫婦は無職のため無収入というところで前回の放送は終了していました。「3カ月」ぶりに訪ねてみると、現在も夫婦ともに無職のまま。いまだ貯金を切り崩して生活しており、夫の「若狭朋弘さん」は「年内いっぱいは生きられると思っている」「穏やかな日々が続いている」と告白しました。




そして、新たな「ポリアモリー」の「女性・けいさん」が登場します。独身の「けいさん」は、現在「24歳〜40代後半」までの「5人」の彼氏がおり、そのうち「4人」はけいさん以外の女性も好きになる「ポリアモリー」であるとも告白しました。

「ネット」上では「「NEWSな2人」はいろんな問題提起をしてくれる良い番組だと思う。でも、ポリアモリーはもういいかな」「世の中いろんな人がいるから、勝手にどうぞというのが正直なところで。ポリアモリーはもういいんで、も別の題材を取り上げてほしい」「ポリアモリーって、結局は誰か1人を愛して裏切られることが怖いから体よく作られた言葉って気がする」など否定的な意見が多く見受けられました。今回、「ポリアモリー」について「加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」の意見は聞かれませんでしたが、「番組MC」として積極的な発言に今後は期待したいですね。

「ポリアモリー家族」一般的には絶対にありえない行動だと思うのは仕方がないでしょうね。いくら個人の考え方とはいえ日本では受け入れがたい「恋愛スタイル」なのは間違いないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。