錦戸亮★何であんなに黒いの&真っ黒やん★日焼け姿にファン仰天

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「錦戸亮★何であんなに黒いの&真っ黒やん★日焼け姿にファン仰天」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎え、さまざまな「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「10月7日」は「ピアノはなぜ「“楽器の王様”」と呼ばれるのか?」について「ピアニスト」の「清塚信也」が解説しました。番組支配人の「古田新太」のほか、「関ジャニ∞」からは司会の「村上信五」をはじめ、「錦戸亮、横山裕、大倉忠義、丸山隆平」が出演しました。

「ピアノ」の歴史について、「清塚信也」が「プロ」ならではの「スゴ技テクニック」を加えつつ、初心者にもわかるように解説をしていくと、「錦戸亮」は「主役にもなれるし、いつでも伴奏ってオールマイティやし。やっぱ落ち着くじゃないですか。寝るときとか歯医者とかでもそうやしさ。やっぱりピアノの音って「“生きるために必要やな”」って。本当に王様だな」と「コメント」しました。




ですが、視聴者はその発言よりも、いつもよりも日焼けして黒くなっている「錦戸亮」の方が気になったようで「亮ちゃんは何であんなに黒いの?1人だけすっごい黒くない?」「錦戸さん、なんでこんなに日焼けしてるの?」「すっげー亮ちゃん日焼けしてる」「関ジャムいつ「収録の」の亮ちゃん?真っ黒やん「笑」。ハワイ行きすぎやで」など「ツッコ」む声が多数上がっていたのでした。

その後は、「清塚信也」が「ピアノの「1音」高速連打をプロがするとどうなるのか?」を実演しました。素人は「1つ」の指で連打するため、疲れてきて「スピード」も遅くなるのに対し、「プロ」は「親指、人差し指、中指」の「3本」を順番に替えて連打することで、長く弾き続けることができるのだといいます。

そして、「1秒」で「13連打」を繰り出す高速回転の指使いに全員「えー!」「うわっすごい!」「スーパープレイや!」と驚きを隠せませんでした。そして「ヒナ「※村上の愛称」だって鍵盤弾いてるからできるやろ」と「古田新太」に言われた「村上信五」が高速連打をやってみることになりました。




「関ジャニ∞」の「バンド」では「キーボード」を担当している「村上信五」ですが、「J-POP」で連打を使う機会はないようで「全然できない。これ教えてもらったことない」とのことでした。「クラシックの人じゃないと「できない」」と言いつつも挑戦してみると、やはり指使いは慣れたもので「清塚信也」に「同じ音で正確です。すごく上手です」とお褒めの言葉が聞かれました。

すると「もっと、もっといけるよ!」「錦戸」「いけいけ!遠慮するな!」「大倉」「ウチの信五いけ!」「丸山」と「メンバー」からの声援が過熱します。最終的には「村上信五」の「ピアノ」の音がかき消されてしまうほど外野がうるさくなり、「うるさいな!聞こえへんがな、こっちの音。やっとんのに、一生懸命」と「キレ」る「村上信五」なのでした。

こんなやりとりも、「ファン」にとっては微笑ましく見えたようで「ヒナちゃんに、やいやい言うメンバーかわいすぎる」「ヒナちゃんが弾いている時のガヤが、うるさいけど楽しい」「我らがヒナちゃんの出番ともなれば全力でガヤるよね。みんな最高」などの声が上がっていました。

確かに今回放送の「錦戸亮」の黒さには「他メンバー」よりいっそう目立っていましたよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。