村上信五★今井翼&渋谷すばる★ロサンゼルスで迷子★ジャニーさんに絞られた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★今井翼&渋谷すばる★ロサンゼルスで迷子★ジャニーさんに絞られた」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の「村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五の週刊!関ジャニ通信」「ABCラジオ」が「10月7日」深夜に放送されました。この日番組の冒頭で「今、速報が入りましてですね」と紹介されたのは、本番組が「10月」に入り「15年目を迎えた」というお知らせでした。「村上信五」は「関ジャニ∞が結成してすぐに始まった?うわー。よう続いたもんだね、これは」と感嘆していました。




さらに「村上信五」は「なかなかこのご時世、長く続けさせてもらえることもないですから。ありがたくもあり、やばいですね。ベテランに片足突っ込んでる感じが」としっかり笑い取りも忘れませんでした。また、同番組の最古参が「何年リスナー」なのかについて調査したいと「リスナー」からの「メール」も募集しつつ、本番組がさらに「15年」続いたら「村上信五」は「51歳」になっているとのことで、「どっぷりベテランのラジオ。文句ばっかり言ってるんでしょうねえ」と思いを馳せていました。

このおめでたい話題に「リスナー」からは「もう15年もやってるんだ!」「15年祝いでメンバー全員ゲストで来てほしい!」「15年感慨深いなー。おめでとう!」といった声が集まっていました。




その後は「迷子エピソード」という「メッセージテーマ」で寄せられた「メール」を読み上げていった「村上信五」です。さまざまな迷子話に「わかりますよ」と共感していた「村上信五」は、自身も「ジャニーズJr.時代」、「ジャニーさん」に「ニューヨーク」に連れて行ってもらった際、調子に乗って朝散歩に行き、「ホテル」がわからなくなるという事態が発生したことを告白しました。「目印決めてたんですよ。でも、何番街って京都の碁盤の目じゃないけどわからないやんか」と言い訳しつつ、「ホテルにチェックインしたとき、もしなにかあったときはセントラルパークを目印にしたら帰って来られるから」と教えてもらったといいますが、「セントラルパーク」のどの位置が目印になっていたかすら、わからなくなったといいます。その時は結局、「ホテル」の「カード」を持っていたため、店に入って「ジェスチャー」で帰り道を教えてもらい事なきを得たそうです。

海外といえば、「今井翼」と「渋谷すばる」と「3人」で「ロサンゼルス」を訪れたこともあるという「村上信五」です。その際は街が暗くなっても元気に遊んでいたといいますが、大柄の外国人に絡まれそうになったため、大通りに出たものの、場所がわからず混乱し、あやうく迷子になりかけたようです。「ホテル」に帰って「ジャニーさん」にたっぷり絞られたといいますが、この「エピソード」には、「2人の名前出してくれてうれしい!」「そういう時間もあったんだなーって感慨深くなったな」と、「渋谷すばる」と「今井翼」を懐かしむ「リスナー」の声が殺到していました。

外国で迷子になっても身振り手振りで必死に説明すれば助けてもらえる時もあるんですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。