キンプリ★Memorial★初日27.3万枚売り上げ★特典映像でファン紛糾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「キンプリ★Memorial★初日27.3万枚売り上げ★特典映像でファン紛糾」の事をお伝えしたいと思います。

「King&Prince」の「2ndシングル」「Memorial」が、発売初日に「27万3,760枚」を売り上げ、「オリコンデイリーシングルランキング」「10月9日付」で「断トツトップ」の首位を獲得しました。「2位」の「放課後プリンセス」の「シングル」「輝夜に願いを」は「1万5,166枚」のため、「週間1位」も確定状態となっています。この売り上げを受け、「ジャニーズファン」は「27万 キンプリ本当にスゴい」「1日で27万って、売れっ子どころじゃない!」と、衝撃を受けているようです。

「5月発売」の「デビューシングル」「シンデレラガール」が、「初日31.8万枚」、初週で「57.7万枚」の「大ヒット」を遂げた「King&Prince」です。待望の新曲「Memorial」は「高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹」が主演を務める「深夜ドラマ」「部活、好きじゃなきゃダメですか?」「日本テレビ系」の主題歌に起用され、「カップリング」の「High On Love!」も、「平野紫耀」主演映画「ういらぶ。」「11月9日公開」の主題歌となっています。「通常盤、初回限定盤A・B」の「3種リリース」で、先着特典として「ステッカーシート」「3種」がつき、「コンサートツアー会場限定」の予約特典「ビッグサイズポストカード」「1種」配布の「キャンペーン」も実施していました。




「2作目」となる今回は、「デビュー曲」のように「トーク&ハイタッチイベント」の応募権はついておらず、販売形態も「5種」から「3種」に減少し、ほかの「ジャニーズファン」による「“ご祝儀買い”」も期待できないことから、売り上げの勢いは落ちるものとみられていました。ですがふたを開けてみれば、前作と初日の差は「4万枚程度」しか離れていません。「King&Prince」の人気を証明した形になりました。

依然人気の「King&Prince」ですが、「初回B」の「DVD」に収録されている「King & Prince TV #1 ~メモリアルケーキを作ろう!~」に関して、「ファン」の間では賛否両論が巻き起こっています。「“初代リーダー”」こと「岸優太」の「リーダー度調査」を名目に、「近くからおならの音が鳴りひびいたらリーダーならどうする!?」「嫌いな食べ物をデコレーションされたらどうする?」「完成したケーキが不味かったらリーダーならどうする?」といったお題に対して、「岸優太」がどんな反応を見せるか、「5人」が「ドッキリ」や「イタズラ」を仕掛けたのです。

「メンバー」は「メモリアルケーキを作ろう」という企画の中で、おならの音を鳴らして「岸優太」に罪をなすりつけるなどの演技を披露しています。「永瀬廉」に「あんまり言いたくないけどさ。岸くん、おならしたでしょ」と疑われ、本人は必死に「してねーよ!」と否定します。ほかにも「岸優太」は、苦手な「グリンピース」を食べるよう促された上に、「わさびケーキ」といった「“洗礼”」を受けていました。普段から温厚な性格で、「天然キャラ」としても知られているだけに、「岸優太」の素直な「リアクション」は「ファン」も喜んでいたようです。

ですが、「ネット」上では「ただの度の過ぎたイジリで、岸くん1人がターゲットになって可哀想だった」「わざびの量にしろ、ちょっとやりすぎじゃない?スタッフはもう少しタレントを大切にして」「岸くんが可哀想に見えた。岸くんの気持ち考えると結構つらい」「見てて気分悪い。メンバーが決めたわけじゃないと思うけど、スタッフさんあれはよくない」と、「岸優太」に同情する「コメント」が上がっています。




中には「内容の薄い雑なドッキリはいらない。楽しげなわちゃわちゃ姿を見せて」「グダグダなドッキリで、自分は嫌いな内容だった。ただ6人で仲良くわちゃわちゃとケーキ作ればいいのに」と、「ドッキリ」よりも「メンバー」が絡む様子を見せてほしいと、制作側に向けた「ダメ出し」も少なくないようです。

とはいえ、「岸くんのリーダー度調査面白い」「賛否両論あるけど、私はケーキ作り+ドッキリの内容は愛があるものとして見た」「私は笑ったし、岸くんに惚れ直したよ」と好反応も見受けられる。映像においても、最終的に「メンバー」も「9月29日」に「23歳」の誕生日を迎えた「岸優太」をお祝いし、「リーダーは岸くんしかいないよ」「神宮寺」などと、温かい言葉をかけていたことが救いでしょう。

「ドラマ」「部活、好きじゃなきゃダメですか?」は「10月22日」に「スタート」し、映画「ういらぶ。」も「CD発売」の「約1カ月後」に公開されます。「2作」が本格始動すれば、売り上げはさらに伸びていくのかもしれないですね。

特典映像で「ファン」を喜ばせるつもりが批判映像になるとは思ってもみなかったでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。