三宅健&プリシラ★熱愛報道★ジャニーズ事務所静観モード★交際認める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健&プリシラ★熱愛報道★ジャニーズ事務所静観モード★交際認める」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」の新恋人を、「10月12日」発売の「フライデー」「講談社」が「スクープ」しました。お相手は「32歳」の「ハーフモデル・プリシラ」で、「三宅健」の自宅に出入りしている様子から、「スクーター」に「二人乗り」する「シーン」まで「キャッチ」しています。同誌が激写した複数の「ツーショット写真」は、「“マスコミバレ”」をまるで気にしていない雰囲気が漂っているだけに、「V6ファン」には衝撃が走ることとなりそうです。

記事では、「2人」が同棲中とは明言されていないものの、断片的な情報を拾っていくと、一緒に住んでいるとも考えられなくもないようです。ちなみに「ジャニーズ事務所」は、熱愛報道を隠蔽するような素振りもなく、「静観モード」のようです。「三宅健」も来年「7月」には「40歳」になりますし、「年齢を考えれば、恋人くらいいる」と、ある程度、交際を認めているのかもしれません。




ですが「一部マスコミ関係者」の間では、「2人」が路上で「“イチャついている”」写真が問題視されているといいます。

「三宅健」が右手で「プリシラ」のあごをつかみ、笑顔を見せている写真のようですが、「親しいお友達」という説明では通用しない「レベル」の親密な雰囲気を出しています。「三宅健」は「キャップ」のみ、「プリシラ」に至っては変装を一切しておらず、「2人」して「バレてもかまわない」といわんばかりのようです。たとえ本当に付き合っていたとしても、路上でこんな写真を撮られるようでは、さすがに脇が甘いというしか言いようがありません。

「V6メンバー」では、昨年末から今年にかけて、「岡田准一」と「森田剛」が相次いで結婚していますが、両者とも、「ファン」の間で大炎上を巻き起こしました。

「岡田准一」は「宮崎あおい」との結婚報告を、「ファンクラブ会員宛て」の郵送物で発表したのですが、到着指定日が「12月24日」だったことで、「史上最低のクリスマスプレゼント」と「ファン」が大荒れ状態になりました。さらに「2人」は、「宮崎あおい」が「高岡奏輔」と結婚している頃から親密だったといわれていたため、「不倫略奪婚は素直にお祝いできない」などとも批判されました。




また、「森田剛」にしても、「宮沢りえ」との交際報道後、公の場で堂々と「デート」を繰り返し、一部女性週刊誌には、「ゴルフ練習場」での「“キス写真”」まで撮られていました。

「宮沢りえ」が「森田剛」の主演舞台「すべての四月のために」を娘とともに観劇に訪れた際には、「剛くんのファンが大勢いる場所にやって来るなんて非常識」などと「宮沢りえ」の「インスタグラム」に批判が殺到し、「アカウント」を削除する事態になりました。「2人」のことを好意的に見ていない「森田剛ファン」は多く、「3月」の結婚発表の際には、「ネット」上で「担降り「ファンをやめること」宣言」をする者も散見されました。そこにきて、「三宅健」が「フライデー」され、しかも女性との親密関係を隠そうともしていないとあっては、「ファン」から嘆きの声が噴出するのは目に見えています。

「ジャニーズサイド」としても、大の大人の私生活について、そこまで深く介入することはしない方針のようですが、「ファン」にとって彼らはいつまでも「“アイドル”」です。せめて本人が、もう少し「ファン」の気持ちを考えて、客観的に行動するようになってくれればいいのですが。

「ジャニーズ事務所」が「V6」の熱愛報道に「静観モード」を貫くのには「ファン」も納得がいかないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。