キンキ★ドーム公演中止★解散説浮上★関係者から不仲説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「キンキ★ドーム公演中止★解散説浮上★関係者から不仲説」の事をお伝えしたいと思います。

「堂本剛」の体調不良により、年末年始の「コンサート」を中止すると発表した「KinKi Kids」です。「9月」には、「タッキー&翼」が解散したこともあり、「KinKi Kids」も「“最悪の結末”」を迎えようとしているのではないかと、予想する向きもありますが、「2人」の「“プロ意識”」を知る関係者は、解散説を否定しているようです。

「KinKi Kids」の年末年始の「ドームコンサート」は恒例行事となっています。本来なら、開催の発表もしていない段階で、中止になったと報告する必要はなかったのですが、「21年間」続いた「ドーム公演」だけに、「ファン」にあらぬ誤解を与えぬためにも、「ファンクラブ会員」宛てに中止の知らせを「メール」したとみられています。

突然の「ドーム公演中止」の一報により、「ネット上」では「KinKi Kids」の解散説もささやかれましたが、確かに「2人」は何年にもわたって「“不仲説”」が取り沙汰されています。私生活では一切交流がないことは、本人たちも公言しているところですが、「マスコミ関係者」によると、「カメラ」が回っていない場面では、驚くほど「ドライ」な関係が垣間見えるといいます。




不仲説の情報源は、「マスコミ関係者」、もしくは、「コンサート」や「テレビ番組」などで、「KinKi Kids」と接する機会のある関係者によるものでしょう。なんの予備知識もなく、両者の様子を目の当たりにした関係者は、誰もが驚いているようです。

紙媒体において、「2人」が同時に「インタビュー」を受けることは、まずないのだといいます。

誌面では『2人」が一緒に取材を受けているという体でも、「最初は光一」「次に剛」というふうに、別々に「インタビュー」して、それを、編集してまとめているようです。「堂本光一」と「堂本剛」ともに、同じ質問をして、違和感のないように文章を整えるのは、ひと工夫が必要になってきます。

また「コンサート」では、「2人」とも現場入りしているにもかかわらず、個別に「リハーサル」を行う「ケース」もあるようです。




「2人」から、それぞれ「もっとこうしてほしい」という意見が出て、それが噛み合っていない場合、「スタッフ」は何度も個別にお伺いを立て、すり合わせをしなければいけないようです。「スタッフ」は皆「一緒にやってくれよ!」と思っていることでしょうが、それは「KinKi Kids」の現場では「タブー扱い」なのか、口にする者はいないそうです。

それでもいざ本番では、そんな距離感など微塵も感じさせず、「MC」ではお互いをいじり合うなど、「息ピッタリ」の「コンビネーション」を見せる「2人」です。その様子を見ると、「KinKi Kids」の「プロ意識」が高いかがわかりますといいます。

「堂本剛」の体調面に心配は募るものの、少なくとも「KinKi Kids」が人間関係のこじれによって解散することは、あり得ないと考えてよさそうですね。

どんな「グループ」も「コンビ」も長きに渡り活動をしていたらいろんな噂が聞こえてくるのは良くあることですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。