二宮和也★尼神インター誠子★ニノの彼女です宣言★全否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★尼神インター誠子★ニノの彼女です宣言★全否定」の事をお伝えしたいと思います。

「10月14日」放送の「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」は、「スピードワゴン」の「小沢一敬、加藤諒、りゅうちぇる、若槻千夏、岡井千聖、尼神インターの誠子、ドン小西」が「ゲスト出演」しました。

今回の企画は、「ニノさんとコヤシちゃん」と題し、「林家ペー」や「志茂田景樹」など「9人」の芸能人から譲り受けた「二度」と着ない服のみで、いかにおしゃれに着こなせるかを競うというものでした。「二宮和也」を含めた「男性陣4人」がおしゃれを競い、女性陣は見届け人。「ナンバーワン」を決定するのは、特別審査員の「ドン小西」です。




「MC」の「青木源太アナウンサー」から「ファッションに関してニノさん、自信のほどはいかがですか?」と問われると、「もちろん!」と自信満々です。会場に「えー」という声があふれると、「ファッションなんか、そんなに興味はないよ。あったらこんな番組出てないもん」と、自身の「冠バラエティー番組」を自虐するかのように放言します。「若槻千夏」から「自分の番組!」と「ツッコミ」が入るのでした。

「トップス、アウター、ボトムス」の「3部門」に分かれて「コーディネート」を完成させるという「ルール」が説明されます。「誠子」は「ほんと、個人的な感情でニノ頑張れ!」と声援を送ると、「二宮和也」は照れたように笑っていました。

「トップス」で「二宮和也」が選んだのは、派手な柄物の「山田親太朗のカラフルTシャツ」です。「だって考えてみな。ファッションセンスなんてどうでもいいんだよ」とした上で、「山田さんっていうのは大きいよ。清潔感あるし、シュッとしてるし。若いよ。俺にはないセンス」と、誰が着ていたかだけを考えて選んでいるとを語りました。




その後、「二宮和也」は「ピンク」の「コート」の全面に「マンガ」が描かれた「栗原類のマンガ風プリントコート」を「アウター」として「チョイス」します。これに「誠子」は「最初、ニノ応援してたけど、ニノにすごい不安感じてる」と、柄物と柄物を「コーディネート」することへの不安を告白しました。「青木源太アナウンサー」から「彼女ですか?」とまるで彼女がするような心配をしていると問われると、「誠子」は「彼女です!」と堂々と宣言しました。これに対して「二宮和也」は「彼女じゃねぇよ!」と全否定し、「スタジオ」は笑いに包まれたのでした。

最後に「二宮和也」が選んだ「ボトムス」は、太ももの位置で不自然に「カット」された「志茂田景樹のイエローショートパンツ」でした。これで全身の「コーディネート」が揃い、「青木源太アナウンサー」に「納得のコーディネートということですね?」と念押しされると、「二宮和也」は「もちろん!嵐ですから」と、いつもの「ドヤ顔」で返答しました。そして、最終的に「ドン小西」が選んだ「ナンバーワン」は、「二宮和也」なのでした。

「ネット」上では、「ニノ頑張れ、と伝えられる誠子が羨ましい」「私も「彼女じゃねぇよ!」って言われたい」「でも、伊藤綾子より誠子の方がいいよ」などの声が寄せられ、現在、「二宮和也」の本当の彼女と「ウワサ」される存在に、またしても「ヤキモキ」させられる「ファン」なのでした。

いくら「バラエティ番組」とはいえ「ジョーク」だとしても「誠子」のことを彼女に認める訳にはいかないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。