村上信五★マネジャー絶賛受けて★27時間テレビ★激務中に見た映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★マネジャー絶賛受けて★27時間テレビ★激務中に見た映画」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の「村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五の週刊!関ジャニ通信」「ABCラジオ」が「10月14日」深夜に放送されました。




この日の放送では、先週の放送で番組が「15年目」を迎えたということもあり、「古参リスナー」がどのくらい前から番組を聞いているのか募集した「メッセージ」を発表しました。「15年前」、「コンポ」の「アンテナ」を必死に伸ばして聞いていたという「リスナー」や、「小学校2年生」から「ラジオ」を聞き続けていたという「22歳」の「リスナー」からの「メール」が読み上げられ、「村上信五」は「15年の間に結婚したりお子さん生まれたり、生活変わってはるけど気に掛けてくれてるんやね。これはうれしいですね」と感慨深く語っており、この話題を聞いていた「リスナー」からも、「長く続くことほどありがたいことってないよね、何にしても」「15年目って本当にすごいことだなあ」といった声が寄せられていました。

その後は、放送内で「ハリウッド」についての話題が出ると、「“映画”」そのものについて、「映画かー、映画館行って最後に見たんは「ジュラシック・パーク」やな。一番新しいやつ」と、「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を映画館で鑑賞したことを告白し、「繋がってたよね。「ロスト・ワールド」から」とその世界観を説明しました。鑑賞するきっかけとなったのは、自身の「マネジャー」が「3回くらい見ました!」と絶賛していたことだといい、「8月」に放送され、「村上信五」が司会を務めた「FNS27時間テレビ」「フジテレビ系」の収録中、移動の合間にお台場で鑑賞したと明かしました。




「村上信五」は、「確かに面白かったし、久々にポップコーン頬張ってゆったりできました」と映画を楽しんだことを語り、「1作目は僕、小学生の頃だったかな。あのドキドキ感はやっぱり忘れられないインパクトありますけど、今のは凄すぎてCGの技術とか撮影技術に「おぉ!」となる方が多いですよね。絵の綺麗さだったり、そういう意味での迫力はすごかった」と感想を述べ、「1作目のシンプルなドキドキ感は、小学生だったからというのもありますけど。世代によって「何作目が良かった」という話になんねんな、と思って」「それだけ壮大な、広大なストーリーと画が描けるというのは、エンターテインメントの力の凄さを感じました」と語っていました。

さらに、今年「大ヒット」した「インディーズ映画」「カメラを止めるな!」についても、「いろんなやり方で盛り上がるのは素晴らしいな、って思うようになった」としみじみ話した「村上信五」です。「リスナー」からは、「「カメ止め」の感想も聞きたい」「映画館でポップコーン買うタイプなんだ」「いろんな映画の感想教えてほしいな」といったさまざまな声が集まっていました。

「村上信五」にしてみれば久しぶりの映画鑑賞だったのかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。