有岡大貴★伊野尾慧からなんだこいつ★ステージ上で不審がられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「有岡大貴★伊野尾慧からなんだこいつ★ステージ上で不審がられる」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「JUMP da ベイベー!」「bayfm」が「10月12日」深夜に放送されました。




この日も「リスナー」から寄せられた「メール」をもとに話題を展開していった「2人」ですが、ここ最近、この番組で「ブーム」になっているのは、曲中に聞こえる謎の音や、聞き間違いなどを挙げる「コーナー」です。これまでにも、「8月」に発売した「アルバム」「SENSE or LOVE」内の楽曲「Journey」に「有岡大貴」の声で「あ」と入っているように聞こえたり、同じく「8月」に発売した「23枚目」の「シングル」「COSMIC☆HUMAN」の初回限定盤に収録されている楽曲「Go My Way」で、「薮宏太」の「パート」「僕は行く」が「僕は薮」に聞こえることなどが話題になっていました。

この日、番組開始早々に取り上げられたのは、「「SENSE or LOVE」内の楽曲「Dance The Night Away」の「4分6秒」頃、「有岡くんらしき声で「あ」という声が聞こえる」と、「Journey」と同じ現象が起きていると指摘された「メッセージ」でした。「2人」は「なんだか最近多いね」と言い合いつつ、早速検証のために聞いてみることにしました。

曲を聞いた「高木雄也」は「あ!言ってるね!」と「リスナー」からの指摘を認めたのですが、「有岡大貴」はなぜか暗い声で「入ってるね」と何かが引っ掛かっている様子でした。この反応に「高木雄也」が噴き出し、「いやいや、心霊現象じゃありませんよ!」と「ツッコ」むも、「これ録ったスタジオが、確かに「霊が」出るってね」などと「有岡大貴」。「高木雄也」が「誰が聞いても有岡くんの「あ」ですよ」と指摘するも、「やっぱ入っちゃうもんなんだ」と無理やり心霊系に持っていこうとする「有岡大貴」でしたが、「ごめんなさい。これね、完全に僕の歌割りです」と唐突に暴露しました。




「高木雄也」が「え!」と驚くと、「これパートであります。「あ」じゃなくて「ぱっ」って言ってます」と、実際に歌って再現しました。「高木雄也」は知らなかったようで、「言ってるね~!」と感心しきりでした。この「有岡大貴」の「ぱっ」は「歌詞カード」には載っていないものの、担当している「“ガヤ”」的なもので「コンサート」でも言っているといい、言う度に「伊野尾慧」から「チラリ」と見られ「なんだこいつ?」という顔をされるようです。「高木雄也」はこの「エピソード」に「言うってわかってないんだろうねー!」と笑いつつ、「2人」とも今後も是非積極的に、聞き間違いや「“霊の声”」疑惑などを送ってきてほしいと呼びかけていました。

放送後、「リスナー」からは、「確かにコンサート中言ってる!」「伊野尾ちゃんが変な顔するんだね!」といった声が集まっていました。

とりあえず今回は心霊係でなくて「ファン」も一安心ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。