大倉忠義★関ジャムでの歌披露★セリフがすごい&ヤバイとファン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★関ジャムでの歌披露★セリフがすごい&ヤバイとファン」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎え、「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「10月14日」は、「プロ」の「シンガー」が解説する「実は歌うのが難しい曲」特集が行われ、番組終盤の「ジャムセッション」では「加山雄三」の「君といつまでも」を、「大倉忠義」の「ボーカル」で披露しました。

「カラオケ」でよく歌う曲「冬がはじまるよ」「槇原敬之」、「サンキュ.」「DREAMS COME TRUE」は「音程がとりにくい曲」として「プロ」でも歌うのが難しいと紹介されると、ほかにも「キーが高い曲」「リズムが難しい曲」「言葉が多く言いづらい曲」なども難しい曲として解説されていきました。

そして最後に紹介されたのは「世界観の表現が難しい曲」というものでした。練習をすることでうまく歌えるようになるほかの曲と違い、この手のものは歌手から放たれる存在感そのものが関係しているため、「コレは手を出しちゃいけない。オンリーワンの人たちでしょ」と「古田新太」は語ります。




その「唯一無二」の「アーティスト」として、「MISIA」や「矢沢永吉、サザンオールスターズ・桑田佳祐、久保田利伸」らが紹介されると、全員納得の表情でした。ですが「時代を超越した声」として、「加山雄三」が紹介されると、「うそやろ。歌わすなや」と「大倉忠義」の表情は一変します。どうやら、今回、「ジャムセッション」で歌うことは決まっていたようですが、それが「唯一無二」の「アーティスト」が歌う「世界観の表現が難しい曲」だとは知らされていなかったようです。

そのため、「VTR」明けに「大倉、頑張れよ!今日はな!」と「村上信五」に声をかけられるも「コレを歌わせる?」と、心なしかもうすでに「グッタリ」している様子です。そして「今日は大倉の世界観でちゃんと」と言われると、「おかしいって」と頭を抱えてしまう場面も見られました。

その後も「アンタッチャブル・山崎弘也」から「絶対手出しちゃダメってやつを行くね~」と「イジ」られると「俺がやりたいって言ったわけじゃないから」と反論し、「幸せだな~」と「横山裕」からも曲中の「セリフ」で「イジラ」れていたのでした。

また、この曲の特徴でもある「語り」について話が及ぶと、「大丈夫か?大倉!」と「村上信五」。これに「大倉忠義」が「精一杯頑張ります。セリフはないですけど」と返答してしまったがために、「錦戸亮」から「まだ間に合うんじゃないの?」と「リクエスト」が。これに「いや、間に合わんよ」とやんわり拒否していた「大倉忠義」でしたが、この後に急きょ「セリフ」が追加された模様でした。




本番の「ジャムセッション」では、渋い「低音ボイス」とともに「幸せだなぁ 僕は君といる時が一番幸せなんだ」から始まる「セリフ」を語り、はにかみながら披露していたのでした。

すると「大倉忠義」の「ファン」からは「大倉くんのセリフ、公開プロポーズだね」「低音ボイスがまじでやばい」「大倉くんの声を堪能させていただき、ありがとうございます」「大倉くん、マジで歌うますぎるし、セリフがすごい」「急に入れたセリフとは思えないくらい良かった」という声が続出していたのでした。

普段は「ドラマー」としての印象が強い「大倉忠義」ですが、実は低音も高音も歌える美声の持ち主のようです。今後も「関ジャム」には、ぜひ「大倉忠義」の「ボーカリスト」としての才能を開花させてほしいものですね。

なかなか聞くことのできない「大倉忠義」の美声を聞くことができた「ファン」は気持ちが高揚したでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。