三宅健★舞台グッズ★アクリルスタンド★キンプリ発端と告白★制作秘話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★舞台グッズ★アクリルスタンド★キンプリ発端と告白★制作秘話」の事をお伝えしたいと思います。

先週、「モデル・プリシラ」との熱愛が週刊誌に「スクープ」された「V6」の「三宅健」です。「10月15日」深夜に放送された「三宅健のラヂオ」「bayfm」では、熱愛についての「コメント」はなく、現在、「東京グローブ座」にて上演中の舞台「二十日鼠と人間」の「舞台グッズ」について言及しました。

番組冒頭では、かすれた声の「三宅健」が、「私、絶賛、喉をやっちまってます。なので皆様、今日はお聞き苦しい声でお届けすることになってしまうんですけども」「僕もやっぱり舞台畑で鍛えられたような人じゃないんで、基礎ができてないんでしょうね」と、「4年」ぶりとなる舞台で声帯を痛めてしまったようです。




そして、いつものように「リスナー」からの「メール紹介」へ。舞台を観劇したという「リスナー」から「グッズでアクリルスタンドがありますが、どういった経緯でアクスタがグッズになったのでしょうか?よかったら教えて下さい」という質問がくると、「いやー、よくぞ聞いてくれました」とご機嫌な様子です。今回の「舞台グッズ」は、「スーツ姿」で「ビシッ」と「キメ」ている「三宅健」と、「ネズミ」に扮したかわいらしい「三宅健」の「2種類」の「アクリルスタンド」を発売しています。以前の「舞台グッズ」は「ポストカード」や「ノート」を作っていたため、「アクリルスタンド」は初の試みとなります。

「どうせだったらファンの人たちにとっては、肖像ものを買える方が良いんだろうって話になって、キンプリ「King&Prince」のアクリルスタンドがあったのを知って、これ良いじゃん!って。これ、ジャニーズでやってるんだったら、やれば良いじゃんって言って」と、「キンプリ」が発想の発端になっていたことを告白しました。

「次誰かやる人いないの?ってなったら、実はこの夏、ジュニアたちがコンサートでそれぞれ各グループがやるんですけども、全員、それぞれのグループのメンバーカラーが土台になって作るんです、って説明受けて」と、今年の夏に「ジャニーズJr.」が出演した「ホールツアー」「Summer Paradise 2018」で「Jr.」の「アクリルスタンド」が発売されると知った「三宅健」は、「キンプリが作って、3カ月後に「サマパラ」が出て、その3カ月後に僕のが出るって言うから、それ良いねーって話になって」と、「アクリルスタンド」に決定した経緯を説明しました。




その後、「キンプリとSixTONESとかさ、Snow Manとかそういうのみんなくっつくの?って聞いたら、土台がパズルみたいになってるわけ。雄雌があって。実は雄雌が違うんです、ってなって」と、「King&Prince」と「Jr.」の「アクリルスタンド」は接続可能と判明したようです。結局、「三宅健」も「Jr.と合体できるようにしちゃおう」ということで、同じ土台にしたと語りました。

「まぁなんか本当は、林「翔太」がなー。あいつがいればさ、「滝沢歌舞伎」でおなじみの「“チームSPARK”」で連結させることができたんだけども」と、「Jr.」で唯一連絡先を知っているという「林翔太」の「アクリルスタンド」がないことを残念そうに話しつつ、今後は「V6」の「コンサート」で「V6全員」を並べたいという展望も語りました。

「SNS」では「あえてJr.と合体できるようにした三宅さん、すごいわ〜」「「サマパラ」より先に企画されてたのか」などの声が集まっていました。まだまだ上演が続く「二十日鼠と人間」です。舞台内容だけではなく、「舞台グッズ」にも注目ですね。

後輩の「キンプリ」が発端になっているようですが「三宅健」の「舞台グッズ」が手に入るのなら贅沢は言ってられませんよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。