増田貴久★メンバーカラーに支配されたくない&黄色NG★独自の理論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「増田貴久★メンバーカラーに支配されたくない&黄色NG★独自の理論」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」の「10 月16日」深夜放送回に「増田貴久」が「ゲスト」として登場しました。「メンバーカラー」についての考えを語りました。

「NEWS」は、現在、「小山慶一郎」が紫色、「増田貴久」が黄色、「加藤シゲアキ」が緑色、「手越祐也」がピンク色と「メンバーカラー」が決まっており、「コンサートツアー」の衣装や「グッズ」なども「メンバーカラー」を意識したものが数多くあります。そして、「増田貴久」を除く「3人」は「マイク」にも「メンバーカラー」の「シール」が貼ってあるといいます。

これについて「リスナー」から「なぜ、まっすーのマイクに黄色「のシールが」がないのでしょうか?この間放送された「ザ少年倶楽部プレミアム」「BSプレミアム」でまっすーだけ色がついていなかったので、とても気になりました」という質問がくると、「増田さん、言ってやって」「小山」「言えばいいのね」「増田」と笑い合う「2人」でした。




すると「「メンバーカラーに」みんなこだわってないんだけど、僕は特にこだわってないし、あえて黄色はやなの」と「増田貴久」です。黄色の「シール」が貼られた「マイク」もありましたが、「変えてくれる?」とあえて「シール」がついていない「マイク」を使ったようです。「あそこが黄色いとふざけてるように見える」というのが理由なようですが、「「だから」メンバーカラーに支配されたくないんだよね」と「メンバーカラー」で「イメージ」が固定されてしまうことには抵抗があると「コメント」しました。

さらに、「メンバーカラー」の黄色を持たされたり、着せられたりするのが嫌だった時期もあったといい「嫌すぎて一時期「“黄色”」超嫌いだったもん!」「黄色のもの持ってこないで!黄色NG!」と、黄色のものを拒否していた反抗期もあったといいます。ですが、現在は黄色の「スマホカバー」を愛用しているらしく「黄色じゃん!」と「ツッコ」まれる場面も。なんだかんだ言いつつ黄色を身につける「増田貴久」に、「ファン」も「可愛すぎる」と安心したようです。

一方の「小山慶一郎」は、「6人時代」は「オレンジ色」でしたが「俺、オレンジかぁ なんでオレンジなんだ」と思っていたようで「4人体制」になってから「紫がいいです」と直談判して「カラー」を変更したようです。

その後、「増田貴久」が「4年」がかりで製作したという「メンバーカラー」の「コンサート衣装」に話が及ぶと、最初に作った「ピンク」の衣装は、「6人時代」に「さくらガール」を「東京ドーム」で歌ったこと元に、「4人でも東京ドームに立てました!っていう思いを、あれには込めて黒×ピンクの衣装を作った」と「増田貴久」。




その後は「クセの強い曲も、同じ衣装で全部いけるやつ」という「オファー」で作ったのが黄色の衣装だと明かすも、形は「まっすー寄りのスカートっぽい形にした」ようです。そして緑色と紫色の衣装を作るときには、「メンバーカラー」と本人の「イメージ」を意識していたと明かしていました。

これに「ファン」からは「「さくらガール」、ピンクの衣装への思いがちょっと泣ける」「NEWSを大切にし続けるまっすー、ホントさすが」「これからも素敵な衣装お願いします」という声が上がっていました。

今年は「京セラドーム」で「単独カウントダウンコンサート」をすることが発表された「NEWS」です。どんな衣装で登場するのかも楽しみの「1つ」になりそうですね。

固定観念に捉われない「増田貴久」の柔軟さが伺えますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。