TOKIO★井浦新・かなりの照れ屋★仕事に対して変態&各メンバー評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「TOKIO★井浦新・かなりの照れ屋★仕事に対して変態&各メンバー評価」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「10月17日」に放送され、「ゲスト」として俳優の「井浦新」が登場しました。「井浦新」といえば「TBS」の「ドラマ」「同窓生~人は、三度、恋をする~」で「松岡昌宏」と共演中です。番組早々「シンくん」「まさひろ」と呼び合っていることが判明しました。




この日の番組では、「トークテーマ」が書かれた「カード」を「1枚」ずつ引きながら、「井浦新」の「トーク」を中心に展開しました。かつては「ARATA」の芸名で活躍していた「井浦新」は、映画「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」「2012」で「三島由紀夫」を演じる事になった際、「日本を代表する映画になるのに、アルファベットの名前が主演だと好ましくない」という理由で改名しましたが、同作監督の「故・若松孝二氏」に相談したところ、「バカヤロー!名前を変えたら誰だかわからなくてお客来ねえじゃねえか!」と怒られたことを告白しました。

「トークテーマ」「一緒に舞台をやりません?」を引いた際には、「TOKIO」に「江戸時代の実在した絵師。僕好きで、本当に魅力的な人がたくさんいて」と、江戸時代の破天荒な絵師を題材に、「TOKIO」と舞台をやりたいといいます。「井浦新」が「メンバー」を配役していくことになり、「松岡昌宏」は「“不良を束ねていた”」という「歌川国芳役」に決定します。「井浦新」いわく、「2人」には「曲がったことが大嫌い」「かなりの照れ屋」という共通点があるといいます。

「国分太一」は、「伊藤若沖」。「野菜を描かせたら日本一」「仕事に対する変態性」という共通点があるようです。また、「長瀬智也」は、「“ロックな絵師”」ということで「曾我蕭白」。「スタイルが尖ってる」「やさぐれた人生」という共通点が挙げられ、一同驚愕します。「新さんの目にはそう見えてるんだ!」と驚く中、「井浦新」が「17歳で天涯孤独になったあと、ボロボロになりながらも筆一本の芝居を、長瀬さんも楽しんでやってる」と「2人」について解説すると、「長瀬智也」は「でも孤独なんでしょ?」と「ポツリ」。「松岡昌宏」から「これ時代劇だから!」と突っ込まれると、「そうだった!俺だんだん寂しくなっちゃって」と天然な一面を爆発させていました。




最後には、「城島茂」が「葛飾北斎」という「キャスティング」になります。「ダジャレ好き」「ビジュアルが似てる」という共通点が挙げられると、「城島茂」は撃沈したのでした。

「TOKIO」が客観的に評価されるというなかなかない機会に視聴者からは、「これ本当に実現してほしい!」「早速役に感情移入してる長瀬くんに笑った」「井浦新さん、TOKIOのことよく見てるな~」といった声が集まっていました。

「メンバー」同士では分からないことでも「井浦新」から見れば「各メンバー」の特徴や個性が見えてくるのかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。