岡田准一・財前五郎役★白い巨塔★松山ケンイチ・里美修二役★沢尻エリカ出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岡田准一・財前五郎訳★白い巨塔★松山ケンイチ・里美修二役★沢尻エリカ出演」の事をお伝えしたいと思います。

「2019年」の「テレビ朝日開局60周年記念作品」として放送される「スペシャルドラマ」「白い巨塔」で、主人公の「外科医・財前五郎」を「V6・岡田准一」が演じることがわかりました。そのほかの出演者は未発表ですが、重要な役どころの「キャスト」が、今後随時発表されていく予定だといいます。

「故・山崎豊子氏」原作の「白い巨塔」「新潮社」は、これまでにも映画や「ドラマ」で実写化されてきた名作です。「2003~04年」には「フジテレビ開局45周年記念ドラマ」として、「2クール」使用した「二部構成」で放送しました。この時の「財前五郎役」は「唐沢寿明」が務め、その「ライバル医師・里見脩二役」には「江口洋介」が起用されていました。




その後、同作の放送権を獲得した「テレビ朝日」は、かねてから企画していた「岡田准一」主演の「白い巨塔」の制作を進めていたといいます。

ですが、肝心の新潮社から許可が下りず、実現に時間がかかりました。というのも、亡くなった「山崎豊子氏」は主人公の「“体格”」にこだわりがあったそうで、歴代の「財前五郎役」には高身長の俳優が起用されていました。「唐沢寿明」で「175cm」と言われているのに対し、「岡田准一」は「170cm」とやや小柄です。実は昨年の時点から「白い巨塔」の「岡田准一」主演については、原作の版元となる「新潮社サイド」が難色を示していたようです。

それがこの度、ようやく正式発表へとこぎつけたため、「テレビ朝日」も気合が入っている模様です。

今月から撮影も始まっていて、報道されている通り、「“5夜連続放送”」「ドラマ」となっています。当初は「2~3夜」という話だったのですが、脚本がどんどん膨らんだ結果、この形になったそうです。




ここで気になるのは、「岡田准一」以外の「キャスト」です。特に「終生のライバル・里見修二役」の俳優をめぐり、「ネット」上でも予想が飛び交っていますが。

「里見修二」を演じるのは「松山ケンイチ」です。それ以外の顔ぶれや配役は、これから年末に向けて順次情報解禁していくそうですが、「テレビ朝日」の念願かつ渾身の「スペシャルドラマ」だけに、そうそうたる「キャスティング」となっています。女性では「沢尻エリカ」の名前も入っているといいます。

放送は来夏を予定しているといいますが、まずは「岡田准一」にまつわる懸念事項を、完全に吹き飛ばすような作品に仕上がることを期待したいですね。

過去に放送されてきた「白い巨塔」よりも「スケールアップ」が期待される「スペシャルドラマ」が今から楽しみでなりませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。