有岡大貴&知念侑李★国民の孫自称★バッカじゃないの★山田涼介呆れ顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「有岡大貴&知念侑李★国民の孫自称★バッカじゃないの★山田涼介呆れ顔」の事をお伝えしたいと思います。

「10月20日」放送の「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」に、「山田涼介、高木雄也、知念侑李、有岡大貴」の「4人」が登場しました。

今回は、「ノンアポいただきグルメバトル」と題し、「山田涼介&高木雄也チームVS有岡大貴&知念侑李チーム」が、出された「テーマ」に「ピッタリ」なお店を「アポイント」なしで探索しました。場所は、「人気の街・三軒茶屋」です。より「テーマ」に近かった「チーム」の勝利となります。




番組冒頭、「ノンアポっていう経験が、たぶんこの中だと一番ないのよ」と「バラエティ番組」の経験が少なく、「アポイント」なしというところに「山田涼介」が不安をのぞかせると、「知念侑李」が「山田涼介が断られるの、僕達も悲しくなる」と発言します。そんな中、「山田涼介&高木雄也チーム」に対抗するかのように、「有岡大貴」が「知念侑李」の肩に手を置き、「こっちも、なんすか。「“国民の孫感”」」と自分たちが「“孫”」のように親しみがあると表現しました。そうして「2チーム」の戦いが始まりました。

最初の「テーマ」は「老舗」です。制限時間「90分以内」に創業年数が古い店を見つけた「チーム」の勝利となります。そこでは必ず「1品」を食すという条件付きです。「有岡大貴&知念侑李チーム」が、「1軒目」に飛び込んだのは「創業26年」の本格中華と喫茶のお店「cafeル・マン」です。その後、「2軒目」を探すために、地元の人に「ここら辺で昔からやっているお店って、ご存知ないですか?」と情報収集を開始します。そこで出会った老夫婦から有力な情報を得て向かったお店は「ぱんやのパングワン」という「パン屋さん」でした。その創業年数を聞いた「知念侑李」は「すげぇ」と言い、思わず「有岡大貴」と「ハイタッチ」します。その後「2人」は「ガッチリ」と握手を交わすのでした。

一方、「山田涼介&高木雄也チーム」は、年季の入った外観を持つ長崎ちゃんぽんのお店「長崎」に入ると、ちゃんぽんを実食します。「うまい」「具が豊富」「めちゃめちゃおいしい」と大絶賛します。店を出た「高木雄也」は、「スタッフ」に「店の空気にのまれて言えなかったけど、マジでおいしかった」と報告するほど、味は確かなようです。




結果は、「ぱんやのパングワン」が「創業114年」、「長崎」が「創業45年」ということで、「有岡大貴&知念侑李チーム」の勝利で「ワンポイント獲得」しました。「山田涼介」が「どうやって?」と店を見つけた経緯を尋ねると、「有岡大貴」は老夫婦から教わったことを語り、「まぁまぁまぁ、なんていうか「“孫感”」がね〜」と自分と「知念侑李」の持つ「“孫感”」が勝利の秘訣だと答えました。これに対して、「自分で言う?」「高木」「バッカじゃないの。孫言うけどあいつもう27だからね」「山田」と、「有岡大貴」への不満を漏らすのでした。

そして、次の「テーマ」の「高額メニュー」では、「有岡大貴&知念侑李チーム」が「1,600円」の「松茸蕎麦」、「山田涼介&高木雄也チーム」が「4,633円」の「厚切りフィレステーキ「1ポンド」」を発見し、見事「山田涼介&高木雄也チーム」の勝利となったのでした。

この放送に「ネット」上は、「孫感っていうワードがさすが!」「日本の孫アイドル」「国民の孫が可愛くて可愛くて、なんだか泣けてくる」など、「“孫感”」に沸いていました。

「山田涼介」と「高木雄也」が「有岡大貴」の事を「27歳」だと言って呆れていてもお年寄りからすれば孫に見えてもおかしくはないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。