錦戸亮★関ジャム★春よ、来い披露★渋谷すばるロス嘆く声続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「錦戸亮★関ジャム★春よ、来い披露★渋谷すばるロス嘆く声続出」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「10月21日」の「トークJAM」には、司会の「村上信五」をはじめ、「錦戸亮、横山裕、大倉忠義」が出演しました。多くの「ヒット曲」を生み出し、現在も世代を問わず愛され続けている「“ユーミン”」こと「松任谷由実特集」が行われました。




「日清カップヌードル」が発売された翌年、「1972年」に「荒井由実名義」で「デビュー」した「松任谷由実」ですが、「ジブリ映画」「風立ちぬ」「2013」の主題歌にもなった「ひこうき雲」は、実は「松任谷由実」が「16歳」のときに作った楽曲で「1973年」に「リリース」されたものでした。これに「まじで~」と驚く「大倉忠義」でしたが、学校の卒業式の定番曲でもある「卒業写真」も「75年」に発売だとわかると、再び「え? 75年?まじで!?」と驚きました。自分たちが生まれる前の楽曲でありながら、それだけ身近な曲ということなのでしょう。

また、「真夏の夜の夢」「1993」については「おかんがめっちゃ歌ってたなぁこれ」と「錦戸亮」。さらに「横山裕」も「春よ、来い」「1994」の「CD」を「買った、俺!」と懐かしそうに明かしていました。

そんな中で今回の「ジャムセッション」は「春よ、来い」を「錦戸亮」の「ボーカル」、「ギター」を「安田章大」、「ドラム」を「大倉忠義」で行うことになりました。「僕がぽろっと言っただけなんですけど。ユーミンやるからって「言われて」。「春よ、来い」のイントロが大好きで」と「錦戸亮」が言ったことで選ばれた楽曲だったようですが、「セッション」が始まると「錦戸亮」のいつもとは違うしっとりとした歌声に魅了された「ファン」が続出したようです。




「こんな歌い方もできるんだ」「亮ちゃんと「春よ、来い」がマッチしてる」などの声が集まったのでした。ただ、「錦戸亮」の歌を絶賛しつつも「歌詞をすばるくんに重ねてしまう」「すばるくんが歌ったら、どうだったんだろうなぁ」「なぜだかすばるくん最終回を思い出した」と、「渋谷すばる」に思いを馳せる「ファン」も続出しました。

「渋谷すばる」が「テレビ」から姿を消してから「早3カ月」になります。「ファン」が「6人体制」を受け入れていくにはまだまだ時間がかかるのかもしれないですね。

「メンバー」も「ファン」もいまだ「渋谷すばるロス」から抜けないでいるようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。