木村拓哉★Koki,のおかげ人気復活★オファー舞い込むウラ事情★静香の戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「木村拓哉★Koki,のおかげ人気復活★オファー舞い込むウラ事情★静香の戦略」の事をお伝えしたいと思います。

「今世紀最大の二世タレント」と鳴り物入りで「芸能界デビュー」を飾った「Koki.」です,ですが、ある出来事をきっかけに、広告業界での評判が急落してしまっているといいます。そして一方で、一時は「猛バッシング」の末に「人気凋落」とまで言われた「木村拓哉」は、偶発的な「“Koki,特需”」により、人気を復活させつつあるのだといいます。

「Koki,」は「5月」、「ELLE JAPON」「ハースト婦人画報社」「7月号カバーモデル」として登場以降、雑誌を中心にさまざまな「シーン」に登場するようになりました。「10月」には初の「CM出演」となる大塚製薬の「ボディメンテ ドリンク」の「CM発表会」で、これまた初の公の場に登場することとなりました。

ところが、ここでの「トーク」が「Koki,」の「“特別感”」に水を差してしまいました。いくら大物二世といっても、まだ芸能歴も浅い「15歳」であることには変わりなく、ごく普通の「トーク内容」に、「大手スポンサー企業」がやや引いてしまったようです。「本人サイド」もそれは察しているようで、今後しばらくは公の場に姿を見せず、粛々と「モデル」として実績を積み上げていく方針のようです。




その一方で、「木村拓哉」は「2016年」に勃発した「SMAP分裂騒動時」、「メンバー」たちでなく「ジャニーズ事務所側」についたことから、世間からの不信感を「モロ」に浴びることになりました。

「ジャニーズ」に近い「各大手メディア」は、「木村拓哉」を批判的に報じることはできなかったものの、世間が「木村拓哉」に反感を抱いたことは、火を見るよりも明らかでした。一時は「CM」も「0本」となり、「SMAP」の解散と「同等レベル」で、「木村拓哉」の人気凋落も、騒動の大きな焦点となりました。

ですが、現在「木村拓哉」は「ゴルフウェアブランド」「MARK&LONA」など、複数の「CM」にも出演するようになっています。さらに、先々の「オファー」も届き始めているのだといいます。

これまで徹底して隠していた「“父親の顔”」が、「Koki,」の登場によって、なかば強引ではあるものの「オープン」になりました。これが「CMスポンサー各社」に刺さったようで、これまでにはなかった「CM起用案」が、続々と届いているようです。ですが、「木村拓哉」本人に「娘のおかげで」と伝わってしまうことは、業界的に「タブー視」されていることで、「新規プラン」の採用には相当慎重になっているようです。




「木村拓哉」の凋落は、「ジャニーズ残留」を勧めたとされる「妻・工藤静香」にも原因があると言われていますが、「Koki,」の「早期デビュー」を「ゴリ押し」したのも、また「工藤静香」の差し金とされます。

そう考えると、「工藤静香」の「“戦略”」はうまく「ハマった」と言えるのかも知れません。「木村拓哉」本人が、それを望んでいるとは、到底思えません。

思わぬ形で娘の威を借ることとなってしまった「木村拓哉」ですが、今後窮地に追い込まれたとしても「Koki,」と「工藤静香」の「母親タッグ」が、再び「木村拓哉」を救うことになるかもしれないですね。

どういう形であれ「木村拓哉ファン」にとっては追い風になっているのは間違いありません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。