橋本良亮さん★他のグループ羨ましい★デビュー6年目失言★ファン失望

こんばんは。
今日は「橋本良亮さん★他のグループ羨ましい★デビュー6年目失言★ファン失望」の事をお伝えしたいと思います。

新ユニット・King&Prince」が今春の「CDデビュー」を表明し、「Sexy Zone」は今夏の「24時間テレビ 愛は地球を救う」「日本テレビ系」の「メインパーソナリティー」を務めるなど、若手たちの活躍が目覚ましい「ジャニーズ事務所」です。そんな中、今年で「デビュー6周年」を迎える「A.B.C-Z」の「橋本良亮さん」が、「公式携帯サイトJohnny’s web」で「グループ」に対する不満を示唆するような「一文」を書き、物議を醸しています。

橋本良亮さん」の所属する「グループ」はもともと、「五関晃一さん戸塚祥太さん塚田僚一さん河合郁人さん」の「4人」で「A.B.C.」として活動を始め、その後「2008年」に「橋本良亮さん」が加わり、「A.B.C-Z」に改名しました。以後は「グループ随一」の歌唱力を持つ「橋本良亮さん」が「センターポジション」を担い、「12年2月」に「ジャニーズ」初の「DVDデビュー」を果たしました。




現在の「A.B.C-Z」は、「グループ」の冠番組「ABChanZoo」「テレビ東京系」があるものの、「テレビ露出」は今ひとつで、「ジャニーズ勢」が多数出演する音楽特番から外れる場合も少なくありません。「CD」や写真集の売り上げ面も「ヒット」には程遠い数字が続いているため、「ファン」もかねてより不安を抱いていました。そんな中、「1月30日」に「橋本良亮さん」は「えびブロ」で、出演舞台「「蜜蜂と遠雷」「リーディングオーケストラコンサート」「~コトダマの音楽会~」」の感想を振り返り、「もうすぐ「A.B.C-Z」の誕生日だ」と、「2月1日」の「デビュー日」に触れ、続けて、「「グループで飯でも行きたいなー。他のグループが羨ましい」とつづったんです。また、同舞台で歌った曲について、関係者の承諾をもらえれば「「ソロライブで歌っちゃおー」と意欲をのぞかせたと思いきや、「今年ソロライブがあるか分からないけど」と一言添えていました。

これを読んだ「ファン」は、「他のグループが羨ましい」という記述が引っかかったようで「羨ましい応援してるこっちも他のグループが羨ましいよこんなセンター嫌だよ」「違うグループを羨ましがるはっしーの言葉に傷ついた」「みんなでご飯に行けるグループが羨ましいってことなにが言いたいの?」といった怒りの声が噴出しました。

一部」では「はっしーはきっと寂しいんだよ」「事務所は何も仕事くれないって思ってるってこと」「はっしーのモチベーションが下がってる何もできなくて歯がゆい」と「フォロー」する「コメント」も見られますが、以前から「ファン」の間で「橋本良亮さん」の発言が波紋を呼ぶことは少なくないため、「“言葉が足りない”」と感じる人もいたようです。

かつて「橋本良亮さん」は、「Hey!Say!JUMP」の「前身グループ」ともいえる「Jr.内ユニット・J.J.Express」に入っていたこともあり、過去の「テレビ番組」で「「Hey!Say!JUMPに入れると思ってた」と、こぼすなど、いまだに過去と折り合いがついてない様子も見受けられました。また、「16年」の「ソロコンサート」「Summer Paradise 2016」では、「24時間テレビ」内の「スペシャルドラマ」「盲目のヨシノリ先生光を失って心が見えた~」に、後輩である「ジャニーズWEST小瀧望さん」が出演していたことを持ち出し、「俺もジャニーさん「“スペオキ”」「特別に気に入られることになりたい」と「ポロリ」発言しました。この時は、「橋本良亮さん」のあまりに無防備すぎる発言に、「ファン」の方が慌ててしまったようです。




さらに「昨年3月」に、「プライベート」で親交のある「関ジャニ∞・渋谷すばるさん」の「ラジオ番組」「関ジャニ渋谷すばるのスバラジ」「NACK5」に「ゲスト出演」した際には、「「A.B.Cみんな真面目だからね~」「真面目じゃないってか真面目じゃないからその4人が真面目なのを見ると、「イライラしてくる」と、告白しています。「橋本良亮さん」としては、「渋谷すばるさん」に伝わりやすいよう話したつもりかもしれないですが、「イライラ」という単語が「ファン」の間で波紋を呼んでしまいました。

ラジオ」や「コンサートブログ」など「橋本良亮さん」の軽率な「コメント」には、もはや「ファン」もなにを言っても仕方ない、と「“あきらめムード”」なのでしょう。「グループ」の「センター」が、「メンバー」や「グループ」に対して否定的な発言ばかりしていたら、「ファン」も応援する気力がなくなって当然です。また、事務所は仕事を与えていない、と指摘されることもありますが、「A.B.C-Z」は先日、「CD」や「DVD」の「プロモーションシーズン」ではないにもかかわらず、「週刊朝日」「2月2日号」「朝日新聞出版」の表紙を務めていました。事務所も露出の機会は与えていますし、「“干している”」というわけではないはずです。

今後は、「King&Prince」が新たに「デビュー組」に加わることで、露出の機会も減っていくことが予想できます。「マイナス」な言葉を吐き出すよりは、目の前の仕事を着実にこなし、「ファン」を増やす努力をするべきなのかもしれないですね。

メンバー」の不満をつべこべ言う前に男らしく仕事に全力を尽くして欲しいですよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。