玉森裕太★DREAM BOYS★味わったJr.育成★疲れたと苦労語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「玉森裕太★DREAM BOYS★味わったJr.育成★疲れたと苦労語る」の事をお伝えしたいと思います。

「10月24日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」には、「ファン」の間で「“玉ヶ谷”」と呼ばれている「人気コンビ」、「藤ヶ谷太輔」と「玉森裕太」が「9カ月」ぶりに登場しました。「9月6~30日」まで行われていた舞台「DREAM BOYS」の主演を務めた「玉森裕太」が、千秋楽後初めて登場し、舞台の感想を語りました。

「藤ヶ谷大輔」から「どうでしたか?今年の「DREAM BOYS」は」と聞かれた「玉森裕太」は、「年齢層がぐっと下がったんですよ。「ジャニーズ」Jr.の子たちの。まだ小さい子たちだし、舞台でお仕事をまだやったことないっていうようなね、グループの子もあったので。なんか、もう今年は後輩をちょっと育てるというか。これから「Jr.たちが」頑張っていくために俺ら3人がいろいろ教えてあげる舞台だったかな、と思うんだよね」と、ともに出演した「宮田俊哉」、「千賀健永」と一緒に後輩の指導を熱心にしていたと明かしました。




「Jr.」を毎日、楽屋に呼んで「アドバイス」していたとのことで、「「あそこはこうだったから、こうしよう」とか「こうしたらいいよ」とか。毎日やってたからね~、疲れちった」と、疲労感をにじませた「玉森裕太」でした。

「2004年」に「滝沢秀明」が「DREAM BOY」で初演してから、「KAT-TUN亀梨和也」へと受け継がれていき、「玉森裕太」が主演に抜てきされたのが「13年」でした。今年は「2年」ぶりの上演となり、「通算5回目」の主演となったわけですが、実は「玉森裕太」が初出演した舞台も「DREAM BOYS」だったといいます。そのため、舞台に初出演する「Jr.」たちにかける思いには、何か特別なものがあり、力が入っていたのかもしれません。

「ファン」からも「後輩を育てるドリボ、ちゃんと伝わってたよ」「その努力は確かに実っていたと思います」「座長はじめ、3人が後輩を育てる時期がきたんだね」と感動とねぎらいの言葉が多く集まっていました。




ただ、まだ演技力が未熟な「Jr.」たちが多かったということで、当初から演出などに不満を漏らしていた「キスマイファン」が多かったのも事実です。そのため、今回の「玉森裕太」の話を聞いたことで、「来年は玉森くんを利用しないでね」「芝居経験がほとんどない後輩の育成を、ドリボでやるなよ」などの不満も、「一部ファン」の間では上がることになりました。

舞台も終わり、最近は「オンラインゲーム」に「ハマ」っているという「玉森裕太」です。見ず知らずの人と「オンラインチャット」を通じて、会話をしながら「プレイ」することもあるといい、「ゲーム」に失敗して怒られた経験もあるようです。これには「玉森君とチャットできるなんて」「チャットしてる一般男性が羨ましい」「玉森くんに怒るなんてバチが当たるぞ!」などの声が多数上がっていました。

「ファン」にとっては、一緒に「ゲーム」ができるだけでもうれしい関係なはずです。果たして「オンライン」で一緒に「ゲーム」できる確率は一体どれくらいあるのでしょうか。

覚える立場から教える立場へと成長した「玉森裕太」の言葉に重さを感じますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。