松本潤★そうなの、俺らスターだから★豪語する一般人との違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「松本潤★そうなの、俺らスターだから★豪語する一般人との違い」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が「10月25日」に放送されました。この日の対戦相手は「チームサウスポー」として、「タレント」の「武井壮、菊地亜美」らが参戦しました。「プラスワンゲスト」には女優の「波瑠」が登場しました。




この日も順調に「ゲーム」を重ねていった「嵐」ですが、「キッキングスナイパー」前に話題になったのが、「櫻井翔」と「波瑠」が焼肉店で偶然遭遇したという出来事でした。双方とも個室を利用していなかったといい、「波瑠」と「櫻井翔」は背中合わせに座っていたようです。「波瑠」は女優の「桐谷美玲」と一緒だったそうで、「櫻井翔」いわく、「めちゃめちゃ華やか!トイレ行く導線にいるから「“え!? ”」って。ビビったよ、あれは本当に」とのことでした。なかなかない偶然の出来事を語っていました。

周りのお客さんからの反応を聞かれると、特に騒がれなかったと話していましたが、「松本潤」は「「お客さんに」気がつかないフリをするのが上手くなった」「気づかれたら、それはそれ」と割り切れるようになったことを告白しました。この発言に「対戦ゲスト」の「菊地亜美」が「スターですね!」と感嘆の声を上げると、「松本潤」は「そうなの、俺らスターだから」と「ビシッ」と一言。「櫻井翔」が「ヨロシクね〜」と言いながら「対戦ゲスト」に手を振ると、「二宮和也、相葉雅紀、大野智」も「全員スター」らしく「ポーズ」を決め、「スタジオ」を盛り上げていました。この展開に視聴者からは「いやいやまじでみんな格好良すぎる!」「小芝居に乗る嵐、最高!」と絶賛の声が集まっていました。




その後、「最終ゲーム」の「ボンバーストライカー」を迎え、「ゲーム前」に「“ミスのリカバリー法”」について話していたところ、「櫻井翔」が「ミスしたかどうか、わからなければミスじゃない」といい、「10年以上前」、「コンサート」の「アンコール」で「セットリスト」にない曲「台風ジェネレーション」を披露することになり、「櫻井翔」は頭の「ラップ」の歌詞を飛ばしてしまったといいます。ですが、客席に「マイク」を向け「say!」と客に一緒に歌うことを促し、「ミス」を「リカバリー」した話を語っていました。「アイドル」ならではの機転とあって、「櫻井翔」のこの行動にも「スターだよ!」の声が飛びかったのでした。

「相葉雅紀」も以前、暗闇の中で「電飾パフォーマンス」を披露した際、電飾が絡まってしまい、「パフォーマンス」ができなくなってしまったといいます。その際、慌てておなかの中に電飾を隠し、事なきを得た「?」といいますが、「二宮和也」に「それ落ち込むんですか?やっちゃったな、ってなる?」と聞かれると、「相葉雅紀」は「もちろんなるでしょ!次頑張ろう、ってなる」と慌てて回答しました。ですが、「松本潤」がすかさず、「でも俺が見た光景、「おなかに電飾隠して」イヒヒヒって笑ってましたよ」と暴露されると「相葉雅紀」は苦笑いしました。まさかの「嵐スター伝説」は「相葉雅紀」の「オチ付き」だったということで、視聴者からも「さすが相葉ちゃん「笑」」「スターらしからぬ行動「笑」」という愛のある「ツッコミ」が多く寄せられていました。

「嵐メンバー」も過去の「ミスのリカバリー」失敗もあったでしょうね。今は余裕を持って「ミスのリカバリー」に冷静に対処できているんでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。