岸優太★ZIP!★企画初・好結果残すも★変な空気になった★焦るワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岸優太★ZIP!★企画初・好結果残すも★変な空気になった★焦るワケ」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」内の「King&Prince」の「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」です。「10月22~26日」は、「岸優太」が登場し「“食品サンプル”」作りに挑戦しました。「3人」の「食品サンプル職人」に弟子入りしました。

「1日目」の月曜は、「シンドラ枠」の「深夜ドラマ」「部活、好きじゃなきゃダメですか?」の番組宣伝で、「高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹」が「スタジオ」に登場しました。「3人」が「VTR」を見守る中、「カレーライス」の「サンプル」に挑戦するという「岸優太」でしたが「ゴム製」の「サンプル」を包丁で切れずに悪戦苦闘します。




これに、「高橋海人」は「いや、あの岸くんおっちょこちょいですけど、いざという時、僕たちは頼りにしてるので。期待したいですね」と「フォロー」します。「岩橋玄樹」は「僕の方が多分、うまく作れると思います」と、自分が挑戦したかったと「コメント」していました。

初日こそ悪戦苦闘していましたが「「カレーに」岸家感を出したい」と、意欲を燃やしていた「岸優太」の「カレー」がいざ出来上がると、なんともおいしそうです。「うちのカレー、マジこんな感じ」という「“岸家風カレー”」には、「コーン」や「アスパラガス、ブロッコリー、タケノコ」が入っており、師匠が作った「サンプル」と比べても遜色なしです。師匠は「サンプルとしては盛りすぎかな」と「コメント」していましたが、ほかの「プロ」の人たちに師匠と岸のどちらがおいしそうか聞いてみると、全員が「岸優太」を選択。「コーナー」始まって以来、初めての師匠超えを果たしたものの、しょんぼりする師匠を見て「変な空気になっちゃった」と「岸優太」は「ボソリ」。しかし「ファン」からは「岸家のカレー食べたい!おいしそう!」と好評でした。

また、「ファン」は「岸優太」だけではなく師匠にも注目していた様子でした。というのも、「カレー」の「サンプル作り」を教えてくれた師匠の名前は「武藤勝利」です。「岸優太」の親友として知られる「Sexy Zone・佐藤勝利」と同じ名前ということで、「ファン」は「師匠になにか縁を感じる」「勝利さんだからか、師匠も岸くんに負けず劣らずかわいい」「名前を知って勝手にテンションあがった」と沸き立っていたのでした。




その後、「クリームソーダ作り」にも挑戦し上手に作ることができた「岸優太」は、大好物のお蕎麦の「サンプル」も作りたいと直訴します。そして再び、「武藤勝利師匠」から教えてもらうことになったのですが、蕎麦の麺作りはなかなかの難易度でした。「オーブン」で温められた「約170度」の麺を、「1000度」の熱風が吹き出す「ドライヤー」で温めるという危険な工程で、「岸優太」はつなぎに「フルフェイス」の「ヘルメット」を装着し、完全防備で挑むことになりました。

こうして出来上がった蕎麦を、再び師匠の作った「サンプル」と並べて、ほかの「プロ」にどちらがおいしそうか再び聞いてみると、今度は師匠が勝利しました。喜ぶ師匠と、内心負けて「ホッ」とした様子の「岸優太」を見て、そのやりとりを「ファン」も楽しんでいたようでした。

これまで「岸優太」の「DESHIIRI企画」は、蕎麦職人、蘭州拉麺職人と立て続けに「“麺職人”」となっており、「ファン」から「また麺!?」と「ツッコ」む声が上がっていた中、今回は「食品サンプル」とようやく「“麺離れ”」します。ですが、最後は「岸優太」自らが麺に寄っていってしまっただけに、この調子では次の企画も再び「“麺”」が登場するかも知れませんね。

ようやく「DESHIIRI」はじまって以来の快挙に「キンプリメンバー」と同様に「ファン」も嬉しい結果を見ることができ良かったですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。