小山慶一郎★前科者へ★再犯しませんかと問いかけ★ブーメランと皮肉の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「小山慶一郎★前科者へ★再犯しませんかと問いかけ★ブーメランと皮肉の声」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」です。「10月26日」深夜の回では、「小山慶一郎」が「再犯問題」に迫りました。

今年「8月」、ある男が突然刃物で被害者を切りつけ、殺人未遂で逮捕された事件は、「1988年」に「東京・綾瀬」で起こった「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯人による再犯だったことが話題になりました。法務省が公表している「犯罪白書」によると、「再犯者率」が「平成9年」から「20年連続」で増え続け、過去最悪な状態になっているといいます。「なぜ犯罪は繰り返されるのか?」「どうやって更生させるのか?」を「テーマ」に、「小山慶一郎」は再犯をしないよう指導をする「保護司」を取材しました。




「保護司」とは、執行猶予や保護観察になった人の保護観察を担当し、更生に向けて指導を行う非常勤の国家公務員です。いわば、再犯防止の「スペシャリスト」だです。ですが、公務員といえども保護司に給料は発生せず、まったくの「ボランティア」だといいます。さっそく「小山慶一郎」は、「レジェンド保護司」と呼ばれる人が経営する「東京・江東区」にある「Cafe LaLaLa」に向かいます。

「カフェ」に入ると、「レジェンド保護司」「中澤照子さん」の姿がありました。保護司歴は「20年」で「100人以上」の犯罪者を更生させてきたといいます。その場にいた「山田くん」は、携帯電話を闇金業者や振り込め詐欺業者へ不正に販売したとして逮捕され、「1年前」に刑務所から出てきました。暴走族だった「16歳」の時に傷害で逮捕されてから、今回で「5回」の逮捕歴がある再犯者です。「再犯してますね」という「小山慶一郎」に、「そうですね」と答える「山田くん」です。

「中澤照子さん」は、「山田くん」が再犯を繰り返す理由として、「賭け事が好き。ちょっとじゃなくて好きすぎる。一生懸命働いた大事なお金をそっちのほう「賭け事」に使っちゃう」と話し、「山田くん」も「主な理由はそこですね」と自身の「ギャンブル依存」が再犯理由と認識しているようです。「お金欲しさ」に再犯に走るという「山田くん」ですが、そこには前科があることで「部屋を借りることもできない」「ちゃんとした仕事も見つからない」背景があることも明らかになりました。




「山田くん」のように、過去に罪を犯した多くの人が「中澤照子さん」のところを訪れ、相談や近況報告をしている中、「小山慶一郎」が「なぜ保護司になったのか?」と尋ねると、「中澤照子さん」は「もともとは生まれた性格」とし、子どもの頃からいじめられている子などに声をかけていたと話します。「中澤さんにとっては、それが当たり前だったんですね。助けるとか」と、「小山慶一郎」は納得の表情でした。

そんな「中澤照子さん」の前職は、「小林幸子」の「初代マネジャー」でした。「小山慶一郎」は「すごい。おいおい、どんな人、引っこ抜いて すごいなぁ」と「番組スタッフ」に感心していたのでした。

「SNS」上には「小山さんの話を聞くスキルって本当にすごいな」と絶賛の声がある一方、「「再犯しませんか?」って問いかけてる小山の言葉がブーメランすぎて馬鹿馬鹿しい」と、「小山慶一郎」が起こした未成年飲酒騒動を皮肉る声も見受けられました。

犯罪に対する認識は個人それぞれの捉え方があるので一言では片づけられない問題ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。