八乙女光★もっと頑張るわ★落胆した子どもたちの容赦ない一言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「八乙女光★もっと頑張るわ★落胆した子どもたちの容赦ない一言」の事をお伝えしたいと思います。

「10月27日」放送の「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」は、「八乙女光」が「フレアバーテンダー」に挑戦しました。

「フレアバーテンダー」とは、「ボトル」や「シェイカー」を自由自在に扱い、華麗な「パフォーナンス」でお客さんを魅了し、お酒を作る人のことです。映画「カクテル」「1988」で「トム・クルーズ」が「フレアバーテンダー」を演じ、「大ブーム」になったことでも有名です。今回の「八乙女光」の目標は、「ショー」に出演して客前で「約2分間」の「パフォーマンス」をすることです。ですが、「ショー」に出演するには、「3つ」の技を「マスター」し、当日の「テスト」に合格することが必要です。練習は「3日間」のみという過酷な「スケジュール」の中、企画は「スタート」しました。




「ロケ初日」、見るからに「テンション」が低い「八乙女光」は、「ムズイじゃないですか。この企画聞いて、早速動画見たんですけど、なにやってるかわからないもん」と不満顔です。ですが、「番組スタッフ」に「似たようなことやってたじゃないですか」と、過去に「八乙女光」が「コンサート」で「ジャグリング」を披露していたことを語られると、「いやいや甘いよ」と反論します。不安をのぞかせたものの、「メンバーにすげえなって思われたい。最近メンバーに「アホ!」だの「おじいちゃん!」だの言われてるから、ここらでバシッと八乙女光がかっこいいところを見せたい!」と息込んでいました。

今回の先生は、「世界60カ国」「900店舗以上」を展開する「アメリカンレストラン&バー」「T.G.I FRIDAYS」で活躍する「ミッチーさん」です。「フレア歴10年」で「フレア全国大会」で「2回優勝」、「フレア世界大会」で「6位入賞」などその実力は折り紙つきです。

「八乙女光」はまず、飛んでくる氷を「シェイカー」で「キャッチ」する「シャーク」という技に「チャレンジ」します。すると、なんと一発で成功しましたが、次の技である「ボトル」を背面で「キャッチ」してから「1回転」させる「ビハインド・ザ・バック」は、「あぁ、できない!」「怖い!」と叫びながら、何度も失敗しては練習を繰り返します。「3つめ」の技は、背面で投げた「ボトル」を「1回転」させ、「シェイカー」で「キャッチ」させる「カップイン」です。これも何回やっても失敗し続ける「八乙女光」でした。




そこで、「ミッチーさん」は公園で練習することを提案します。さっそく近くの公園に行き、「八乙女光」は砂場で練習を開始します。周りに寄ってきた子どもたちから「ねぇ、テレビ局?」と聞かれ、「八乙女光」は「「いただきハイジャンプ」っていう番組。知ってる?」と言うと、「知らん」「わかんない」の声が続出しました。「八乙女光」は「もっと頑張るわ」と、落胆の表情で子どもたちに宣言していたのでした。

その後、時間を見つけては練習を重ねた「八乙女光」は、無事「テスト」に合格して、いよいよ本番へ。ですが、「八乙女光」と「バレ」ないように目には「マスク」をつけての登場です。多くのお客さんが拍手をしながら見つめる中、「ミッチー」さんと「一つ二つ」と技を決めていきます。ですが、「ラスト」の大技「カップイン」で痛恨の「ミス」をしてしまいます。そこからすぐに気を取り直して「2回目」で大成功となり、「3日間」に渡る「八乙女光」の挑戦は幕を閉じたのでした。

放送が終わり、「SNS」上では「八乙女くんが頑張る姿とっても素敵でした!」「やっぱひかるくんってすごい」「本人の感想や、先生からのお言葉も聞きたかったです」「欲を言えばJUMP全員のバーテンダー姿を見たい」などの声が寄せられていました。

今回のように頑張る姿を一生懸命に見せることができれば子供たちにも番組を「アピール」できるようになりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。