二宮和也★剛力彩芽、月行くと思います?&俺もお断りする★前澤友作社長を語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★剛力彩芽、月行くと思います?&俺もお断りする★前澤友作社長を語る」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「bayfm」が「10月28日」に放送されました。




この日も「リスナー」から寄せられた「メッセージ」を読み上げ、それに答えていった「二宮和也」ですが、その中にあったのは「二宮くんの脳の使い方を知りたいです」というものでした。「ゲーム好き」として知られている「二宮和也」は、「ドラマ」や映画の撮影の際もぎりぎりまで「プレイ」する一方で、天才的な演技力を見せることにも定評があります。そんな切り替えの早さについて「二宮和也」は「そんな人生歩んできちゃったからなぁ」と無頓着な様子です。「切り替えは早い、悩まないからね。やろうと思ったらやるし、やめようと思った瞬間からやらないし」と決断が早いゆえだと明かしました。

その後は、自身について「合理的ではある、確かに」と評価した流れで、なぜか「剛力彩芽、月行くと思います?」と「株式会社ZOZO社長・前澤友作氏」と交際している女優の「剛力彩芽」の話題に突入しました。「前澤友作氏」は「2023年」に月旅行に行くことを発表しており、「剛力彩芽」も同行するのか注目の的になっていますが、「二宮和也」は「月に「剛力の」役割があったら連れていきますよ、って。でもさ、飛行機でさえ6日乗ってるって難しくない?」と、自身は旅程が厳しいことを話していました。閉所恐怖症ではないものの、「MRI」でも「パニック」になってしまう体質であると、「2016年」の同番組で明かしていたため、飛行機に閉じ込められるのは苦しいようです。

「前澤友作氏」は、月への「同行者○名」を映画監督や音楽家などから選んで声をかけると発表しており、「スタッフ」から「声かかったら?」と振られると、「二宮和也」は「いやもう、なるべく丸くしてお断りするよね」ときっぱり。誘われても月に行く気はないとしました。その理由として、「だって、そのあとどういう曲作ったらいいの?プレッシャー半端じゃないって」と素直に告白しました。そして「「月見たあとの初めての1作目」って考えてる小銭稼ぎは連れていかないんですよ、そうじゃないから。あの人はおそらく」と「前澤友作氏」の考えを推察し、「「月見ても何も変わらなかった、ってのが芸術ですよね。「“僕”」です」ってこともあるわけじゃん。声かかるわけもない人間が気にするってレベルですよ」と珍しく自信なさそうな様子を見せていました。




また、月旅行の費用については「1席100億円以上」かかるという報道を見たことも明かし、「俺もお断りする。100億もらった方が変化が起きる気がするもん「笑」」と冗談交じりに話し、「だからそういうことじゃなんだよね?「君の芸術に100億払う」みたいなことのほうがまだ変わる気がするわ。そういうことじゃないんだよね」とまるで夢を見たかのように話していました。

この日の放送に「リスナー」からは「本当に月行ってくれないかな?「笑」」「MRIが怖いから月も無理って面白すぎる!」といった声が集まっていました。「2023年」、「二宮和也」が月に行く可能性は現段階では限りなく低いようですね。

「MRI」で「パニック」を起こすようであれば「200%」月へ行くのは無理でしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。