永瀬廉★ZIP!★ビリヤード企画★見たことないレベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「永瀬廉★ZIP!★ビリヤード企画★見たことないレベル」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」内の「King&Prince」の「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」です。「10月29日~11月2日」は、「永瀬廉」が集中力とかっこよさに磨きをかけるため、「ビリヤード」の「プロ」に弟子入りしました。最終日は、「プロ顔負け」の「テクニック」を披露し、多くの視聴者を虜にしました。

「初心者に産毛が生えたくらい」しか「ビリヤード」をやったことがないという「永瀬廉」は、師匠の「モテモテですよ」という言葉を聞き、「「スーパーショットができたら」ヒーローですもん。Round1「ラウンドワン=アミューズメント施設」のヒーローになりたいですもん」と意欲満点です。ですが、初めての「ショット」は師匠ですら「こんな構え見たこともない」と苦笑いするほどの「“ダサい構え”」で「スカッ」と空振りします。




さらに「永瀬廉」は「穴に球が入れば1ポイント」と「ルール」を勘違いしているようで、実際は「少ない番号の球から順に落としていく。かつ手球「番号が振られていない、キューで突くボール」は落としてはいけない」というのが正しい「ルール」です。

ですが、正しい構えを教えてもらった途端、めきめきと上達を見せるあたり、元々の「センス」はあるようです。そして「全然違います!魔法の道具っス」と「永瀬廉」絶賛の「グローブ」を師匠から貸してもらうと、「“クッション”」と呼ばれる壁に当ててから球を狙う技に挑戦しました。うまく「クッション」ができたとしても、力を加減しないと手球が落ちてしまうという「プロ」でも「ギリギリ」の難しい「テクニック」ですが、「狙いは二等辺三角形の頂点」という「コツ」を聞いただけで「1発目、2発目」と大成功させたのでした。

そして、弟子入りの集大成はなぜか「ドラマ仕立て」で行われ、「バーテンダー風」の衣装に着替えた「永瀬廉」が女性と「カウンター」に座り「俺の名前は永瀬廉。普段はアイドル。でも夜は ハスラー」と自己紹介したところで、悪役の外国人男性が登場します。今から打とうとしている「ショット」の前にお酒の「ビン」を置き、まっすぐに打てなくさせるという設定です。すると、「大丈夫、俺には勝利の二等辺三角形が見えてるから」と「永瀬廉」。

ですが、今度は外国人女性が卓上に座り、「ショット」の道筋をふさいでしまったため、二等辺三角形の技は使えなくなってしまいました。穴に「ボール」を落とすには、わずかな隙間を狙って一旦「クッション」させ、さらにそこから再び「クッション」して狭い女性の脚の隙間を通らないと成功は不可能です。




ですが、これを「永瀬廉」は見事に成功させます。決まったときには「グッ」と「ガッツポーズ」をしてみせましたが、最後は「俺が落とせない女とボールはないな。フッ」と「キザ」な台詞を言って終了しました。最終的には「テロップ」で「結構練習しました」と「バラ」されていたのでした。

そんな何事にも一生懸命に取り組んでいる「永瀬廉」の姿に、「ファン」は「カッコつけまくった後の「結構練習しました」があるのが永瀬廉だよね」「フッって言っときながら照れてるところとか、「”結構練習しました”」ってテロップ出されちゃうところとか かわいい!」と反応しました。「キザ」な台詞についても。「クサイけど、れんれんが言うとめっちゃにやける」「ここに落ちた女がいます!」「間違いく、見てるオンナは落ちた」などの声が上がっていたのでした。

「ビリヤード」をしている姿が異様なほどに似合っていた「永瀬廉」です。これを機会に、趣味としてはじめてみたらどうでしょうか。意外にも、「ドラマ」の役柄とかに使えそうな気がしますよね。

「永瀬廉」の新たな才能が開花した瞬間を「ファン」は見ることができたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。