滝沢秀明★SixTONES★MV初プロデュース★先行き不安の声が出る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「滝沢秀明★SixTONES★MV初プロデュース★先行き不安の声が出る」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズJr.」内「ユニット・SixTONES」の楽曲「JAPONICA STYLE」の「オフィシャル・ミュージックビデオ」が、「11月4日」に「動画配信サイト・YouTube」の「ジャニーズJr.チャンネル」で公開されました。今作は年内で表舞台から退き、裏方に転身する「滝沢秀明」が「プロデュース」を手掛けていますが、公開された映像について「Jr.ファン」の間では賛否両論が飛び交っています。

今年「3月」に「スタート」し、人気の「Jr.グループ5組」「Snow Man・Travis Japan・SixTONES・東京B少年・HiHi Jets」の動画を配信中の「ジャニーズJr.チャンネル」です。特に「SixTONES」は比較的高い再生回数を誇っており、先日は「YouTube」が世界各地で行っている「YouTube アーティストプロモ」「キャンペーン」に抜てきされ、「東京・品川駅構内」に「巨大ポスター」が掲示されたことでも話題になりました。「YouTube アーティストプロモ」への「日本アーティスト」の参加は「初めて」だといいます。




大役就任に加えて、「SixTONES」の「オリジナル曲」「JAPONICA STYLE」の「ミュージックビデオ」の制作が決まり、「滝沢秀明」が「プロデュース」を担当しました。「滝沢秀明」といえば、「今井翼」と組んでいた「ユニット・タッキー&翼」が「9月10日」をもって解散となり、来年には「ジャニー喜多川社長」の意思を継いで裏方に専念すると公言しました。そのため、今回の「ミュージックビデオ」は「滝沢秀明 ~初MVプロデュース~」と銘打たれ、「ネット」上で注目を集めています。

「JAPONICA STYLE」は「タイトル」通り、和の雰囲気が特徴的な楽曲のようです。「コンサート」や「ザ少年倶楽部」「BSプレミアム」などで「パフォーマンス」した際は、派手な衣装を着た「メンバー」が扇子を持ち、桜の花びらが舞う中で優雅な「ダンス」を披露していました。ですが、今回の「ミュージックビデオ」は黒や白を基調とした衣装に変わり、「6人」の「クール」な表情が盛りだくさんでした。振り付けは一部異なっており、「滝沢秀明」が新たな世界観を演出したようです。随所に出てくる赤い薔薇の花びらが象徴的で、「シンプル」な「セット」とは対象的に、赤の「アクセント」が目を引く映像に仕上がっています。

「大サビ」は曲が一時的に停止し、「メインボーカル」の「ジェシー」が「サングラス」を外すほか、「京本大我」が口紅をつける「シーン」も見られました。背後に夜景が広がる屋上での「カット」を挟み、最後は大量の薔薇の花びらが舞い落ちる中、「メンバー」が前方へ走り出すという展開でした。「Jr.ファン」は「演出かっこよすぎる。タッキーすごい」「今までの衣装と振り付けが大好きだけど、新しいのはスタイリッシュでカッコ良い!」「これはこれでSixTONESらしい」と、「滝沢秀明」の「センス」を絶賛する声が上がっています。

その一方、多くの「ジャニーズファン」からは「シビア」な意見が噴出しています。「なんか古い。昔のビジュアル系って感じ」「一昔前のK-POPみたい」「ありきたり、安直って言葉がピッタリ。ひねりがほしい」などと物足りなさをつづる声や、「大我が紅引くシーンはタッキーの趣味でしかない」「タッキーのセンス全開で先行きが不安」「タッキーのセンスがズレてるんだとわかった」「滝沢の練習台にされるなんて」と、「滝沢秀明」の実力に懐疑的な反応が相次いでしまいました。「YouTube アーティストプロモ」に就任し、知名度や人気上昇が見込める重要な局面だけに、「プロに任せるべきだったのではないか」といった思いを抱く人たちも少なくなかったようです。




さらに、最も問題視されているのが小道具の薔薇のようです。同曲には「夢 恋 桜」との歌詞が存在するため、「薔薇じゃなくて桜がよかった」「なんで薔薇?」「薔薇をあえて和に使いたいのはわかるけど、やっぱ桜だよ」「背景に薔薇が映えてないし、花吹雪も効果的に見えない」と、「辛口コメント」が寄せられています。

ほかにも、「メンバー」の「高地優吾、森本慎太郎、松村北斗」の「ソロカット」が少ないと「ファン」は嘆いています。一方、「Jr.チャンネル」の動画は「午後8時配信」が定番となっているのですが、「ミュージックビデオ」は「11月5日」「午前10時」の段階で「アップ」されており、「ファン」は「海外に向けてのアピールだと思う」「動画を上げた時間的にも、特にアメリカを意識してる」と、「YouTube」と「Jr.チャンネルサイド」の戦略を予測したようです。実際、「コメント欄」は英語や中国語などで埋め尽くされ、日本以外の視聴者からも大反響のようです。

再生回数は「6日」の「午後6時30分時点」で「100万」の大台を突破し、注目度の高さを証明しています。「JAPONICA STYLE」の反応は批判と称賛で割れてしまいましたが、残る「4組」の「ミュージックビデオ」が制作される場合も、「滝沢秀明」が監修することになるのでしょうか。

「滝沢秀明」の演出が見え隠れするのは「ファン」にとって現時点では受け入れられないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。