小山慶一郎★安室奈美恵さんのファンに申し訳ない★自身の振る舞いを反省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★安室奈美恵さんのファンに申し訳ない★自身の振る舞いを反省」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「11月6日」深夜の放送回には、「加藤シゲアキ」が「ゲスト」として登場しました。

「リスナー」から「先日放送された「ザ少年倶楽部プレミアム」「BSプレミアム」の「シェアハウス企画」すごくおもしろかったです。放送されなかったけど実はこんなことした、言ったという裏話があったら教えてほしいです」というお便りが届くと、「いや~でもやっぱ思い返しても小山さんの安室奈美恵「のジェスチャーモノマネ」は、ひどかったなぁ」と、振り返った「加藤シゲアキ」でした。




「10月19日」に放送された同番組は、「NEWS結成15周年スペシャル企画第2弾」として、神奈川県葉山を舞台に「NEWSはじめてのシェアハウス」企画が放送され、「黒ひげ危機一髪」や「伝言ゲーム」、「2018年」に話題になった人物を「ジェスチャー」で表現してほかの「3人」が当てるという「2018年人物ジェスチャーゲーム」などが行われていました。

「2018年人物ジェスチャーゲーム」を制限時間内に「クリア」すれば、さらに「ご褒美ロケ」が待っているということで気合の入っていた「4人」でしたが、ここで「小山慶一郎」に出されたお題の「1つ」が「安室奈美恵」でした。

「小山慶一郎」は、「いや~あれはオンエア見てね、ほんとに「CAN YOU CELEBRATE?」「1997」って口で言えばよかったなって思った」とあらためて反省しました。「加藤シゲアキ」は「手を振ってくれて涙を流す感じでよかったんじゃないの?」と、引退を想起させる「ジェスチャー」を指導していました。




実際の放送で、「小山慶一郎」は「“2ステップを踏みながら片手を広げて歌っている”」という「ジェスチャー」を繰り広げ、「俺の中ではあれ「TRY ME~私を信じて~」「1995」を歌ってる」とのことでしたが、「加藤シゲアキ」は「「TRY ME」のリズムじゃないじゃん」と「バッサリ」。ただ「小山慶一郎」は、好きな曲が多すぎて「「安室奈美恵with」スーパーモンキーズ時代まで振り返っちゃったもんね」とのことでした。

すると「加藤シゲアキ」も「沁みるよね、引退してしまったっていうのは寂しいよね」と「コメント」しました。初期の頃から「安室奈美恵」の曲を聞いており「初期のいわゆるベストヒッツというか、小室さん「プロデュース」時代も好きだけど、そこを離れてからも聞いてたよね。「Queen of Hip-Pop」「2005」とか超好きだった。あのアルバム」と、今年の「9月」に引退した「安室奈美恵」に思いを馳せていたのでした。

結局、「安室奈美恵さんのファンの方が、もしあれを見てたとしたら申し訳ないですが。一生懸命やったことですけどね」と弁明していた「小山慶一郎」なのでした。

「ジャニーズアイドル」の心まで奪ってしまう「安室奈美恵」の魅力に改めて脱帽しますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。