大倉忠義★ファンの過剰つきまとい行為告白★裏方に行きそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「大倉忠義★ファンの過剰つきまとい行為告白★裏方に行きそう」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の「大倉忠義」が、「公式携帯サイト・Johnny’s web」で「ルールを守らない」過激な「ファン」への警告文を書き、大きな話題になっています。「大倉忠義」は駅や空港で「“執拗に追いかけてくる人たち”」の言動に我慢ができず、賛否両論を承知の上で「ブログ」を綴ったといいます。「関ジャニ∞メンバー」も「大倉忠義」がつきまとい行為に悩まされていることを把握しており、先日は「テレビ番組内」で言及したばかりでした。

「大倉忠義」は「11月8日」更新の連載「関ジャニ戦隊∞レンジャー」内で、自身は「メディア」に出る「みなし公人」であると前置きしつつ、目に余るつきまとい行為の一例を説明しました。例えば、番組観覧のある収録では、駅や空港に多くの女性が待機し、「僕達にぴったりくっつくことを目的」とした「一部ファン」が周囲の一般人に迷惑をかける場面が見受けられるようです。ほかには、「カバン」の中に物を入れられる、突然手をつながれるといった「身勝手な行動が精神的に辛い」と、胸中を吐露しました。

「大倉忠義」によると、「プライベート」で友人と食事をした時にも、いつも駅や空港で待ち受けている人が横の「テーブル」にいたそうです。「これはストーカー行為ではないのか」「ストレス以外のなにものでもない」と、切迫した様子で訴えています。また、「公式サイト」などを通じて観覧者を募集している大阪の番組は、収録前日に憂鬱になるほど、疲れや恐怖を感じているようです。「ルール」を守ってくれる「ファン」のことは大切にする気持ちがあるものの、少数の「マナー違反者」に耐えられなくなり、連載に書こうと決意したようです。最後には「普通の人に戻る方がよっぽど楽だろう」「そろそろ限界だ」と、溜め込んできた思いを吐き出したようです。

「大倉忠義」は詳細を明記していませんでしたが、大阪で「収録スケジュール」が公表されている番組とは、「6人のレギュラー」「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」です。実は「10月3日」放送の同番組では、前述の連載につながる「エピソード」を「メンバー」が明かしていました。この日は「ゲスト」の女優で「モデル・土屋アンナ」との「トーク」中に「“ネチネチした人”」の話題に発展しました。「丸山隆平」が「ブツブツ言っちゃう」と自ら「ネチネチタイプ」だと認めたところ、「今日も空港でひどかったよな。言うたれ、言うたれ!」「村上信五」「引くと思うで。大倉のファンの子がずっと大倉にベッタリくっついてたんですよ」「横山裕」と、語り始めたのでした。

「丸山隆平」が、「大倉忠義」の「ファン」の行動は「ルールとしてダメなのね」と断った上で、「その子をずっとつけ出した」と「横山裕」が「丸山隆平」の行動を暴露しました。「村上信五」が「ファン役」になり、背後に「ピッタリ」とついて歩く様子を「丸山隆平」が再現すると、その姿の気味の悪さに客席から悲鳴が上がりました。「丸山隆平」は「ファン」の背後で終始「ブツブツ」と何かをつぶやいていたといい、「何を言ってるかというと、「自分の好きな人にこんなストレス溜まるようなことをやってていいのか?」みたいなことを」と告白しました。「メンバー」は明るい雰囲気で一連の流れを話すも、「大倉忠義」は真顔でうなずいたり、暗い表情を見せていたようです。

「大倉忠義」の連載を受け、「ファン」の間で同番組の内容が注目を集めており、「連載を読んですぐに「ジャニ勉」の話を思い出した。きっとメンバーみんな知ってて、丸ちゃんは見かねてテレビで言ったんだろう。やってる本人は喜んでるか、それが精神的に大倉を苦しめてるなんて、気づいてないんだろうな」「べったりくっついてくるファンの話のとき、大倉くん全然笑ってなかった。マルも本気で大倉くんがストレス感じてるのか、伝えたかったんだろうな」「大倉くん、つらそう 丸ちゃんの言葉、ホントにそうだよ」と、胸を痛めています。

一方で、最近の「大倉忠義」は「横山裕」とともに「10月24日~11月4日」まで「大阪・梅田芸術劇場メインホール」で開催された「関西ジャニーズJr. LIVE 2018 Fall in LOVE~秋に関ジュに恋しちゃいなよ~」の構成と演出を担当しました。「リハーサル」や本番の見学を含め、頻繁に大阪に向かっていたものとみられます。また、「7日」には大阪の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」「USJ」で行われた「冬季限定イベント」「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」の「開幕セレモニー」に出席したようです。大阪で問題の「ファン」が待ち構えていたとすれば、「フラストレーション」が溜まってしまうのも、無理はないでしょう。

こうした「大倉忠義」の近況に、「ジャニーズファン」からは「最近は関西Jr.のコンサートにも参加してたし、これを機に表舞台から退いて裏方で活躍するとかあり得るんじゃないかな」「今回の関西Jr.プロデュースで大倉がそっちに喜びを感じて、ストーカー事件をきっかけに裏方になりたいって思って脱退したらどうしよう」「大倉くん、このままだと裏方に行っちゃいそうな気がする」という危惧の声が上がっています。

「ジャニーズ事務所」といえば、先日はかねてより「パニック障害」を患っている「King&Prince」の「岩橋玄樹」が、「11月初旬」から芸能活動を一定期間休止し、治療に専念すると発表しました。「若い今のうちにしっかりと休養期間を設けた上で治療に専念した方がよいという専門家の意見」を踏まえ、本人や「メンバー」、関係者で話し合った結果だと説明していました。今の体制の「ジャニーズ」ならば、「大倉忠義」の精神的負担を考慮して、仕事を「セーブ」させるなどの対応をとる可能性もあるでしょう。もちろん、そうならないためにも「大倉忠義」が被害を打ち明けたようです。

「8日」、「丸山隆平」は「関ジャニ戦隊∞レンジャー」の文末に「精神が追いつかないときは、身体も追いついていない。そんなものさ」と記していましたが、「ファン」は「大倉くんに重ねちゃう」「丸山くんのレンジャーも、なんかグッとくる」と、反応しています。「大倉忠義」」本人も連載内で自分の気持ちを理解してもらえるのは「同じ境遇にいるメンバーしかいない」とこぼしていただけに、彼らの支えによって仕事を続けてこられたのかもしれません。

「大倉忠義」の勇気ある告白を契機に、事態が改善につながることを期待したいですね。

「ファン」であるからこそ自分の大好きな人を困られる行為はあってはならない許しがたい行為ですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。