櫻井翔★紅白★白組司会にマスコミ騒然★松本潤が最有力だった★抜てきされた訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「櫻井翔★紅白★白組司会にマスコミ騒然★松本潤が最有力だった★抜てきされた訳」の事をお伝えしたいと思います。

大みそかに放送される「NHK紅白歌合戦」の司会者が、「11月9日」に発表されました。総合司会は昨年と同じく「ウッチャンナンチャン・内村光良」、紅組は「広瀬すず」、そして白組は、「東京スポーツ」で「5年連続司会持ち回り説」が報じられた「嵐」の「メンバー・櫻井翔」でした。

例年、司会者の発表は「11月上旬」で、この時期が近くになるにつれ、「各メディア」は誰が司会者に選ばれるか取材を繰り広げるといいます。

今年は、「9月」時点で「スポーツニッポン」が、白組司会は「松本潤」が最有力候補と報道しました。紅組司会には、「広瀬すず」や「安藤サクラ」の名前を挙げつつ、「綾瀬はるか」が最有力と大々的に伝えました。その後、一部週刊誌も、「松本潤」の司会説を報じていたため、「マスコミ関係者」の間でも「今年は松本で決定かな」などといわれるようになったようです。




ですが実際には、「スポニチ」が報じた時点で、まだ「嵐」の誰が司会なのかは決定していなかったようです。

ほかにも、総合司会には、「大ヒット中」の「クイズバラエティ番組」「チコちゃんに叱られる!」に出演する「ナインティナイン・岡村隆史」の名前も浮上していました。ですが、ふたを開けてみれば、今回発表された「3人」は、「マスコミ各社」がそこまで有力視していなかった「メンツ」に。「NHK関係者」は、毎年情報漏えいには気を使っているだけに、今回は「バレなかった!」と、さぞ「ニンマリ」しているようです。

ですが、「松本潤」が司会と目されていた中、「櫻井翔」が就任したとあって、「ファン」も驚きを見せているようです。「ネット」上でも「翔さんはラストの2020年の司会を飾るんだと思ってた」といった書き込みが散見されます。

「MC」や「キャスター」などでの活躍ぶりから、「櫻井翔」を「オオトリ」と予想していたのは「メディア関係者」も同様でした。ただ「NHK」としては、今年どうしても「櫻井翔」を司会にしなければいけない事情があったようです。




というのも、「19年」には「ラグビーワールドカップ日本大会」、「20年」には東京五輪が控えており、「櫻井翔」は両大会で、「日本テレビ」の「キャスター」を務めることが予想されています。

「櫻井翔」は、「来年・再来年」と、まさに「“日テレの顔”」となる可能性が高いようです。そこでさらに、「紅白」白組司会という「“NHKの顔”」まで任せるのはいかがなものか という理由で、「NHK」と「ジャニーズ」が協議した結果、今年司会に起用されることになったようです。「広瀬すず」とは今年、映画「ラプラスの魔女」での共演という縁もあったようです。

当初は「“ガセ”」といわれていた「嵐メンバー」の「5年連続司会説」ですが、もはや疑いようもない状況です。果たして、再来年の「オオトリ」を飾るのは「松本潤」と「大野智」、どちらになるのでしょうか。

「NHK&ジャニーズ」にとっては鉄板の「桜井翔」で決めておけば火傷はしないと踏んだようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。