堂本剛★20年ぶり共演・松崎しげるが暴露した★まだ10代の頃の無邪気な一面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本剛★20年ぶり共演・松崎しげるが暴露した★まだ10代の頃の無邪気な一面」の事をお伝えしたいと思います。

「11月10日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、「松崎しげる」が「ゲスト出演」しました。

「KinKi Kids」と「松崎しげる」の共演は、「1998年」から「99年」に放送されていた「バラエティ番組」「KinKi KidsのGyu!」「日本テレビ系」以来、およそ「20年」ぶりとなりました。「松崎しげる」は「俺が一番思い出すのは、2人がまだ10代の頃にやってる番組で、剛くんが一生懸命すね毛をこうやって「手で丸めるポーズをしながら」、「ありんこ!!」って「言ってた」。俺、すげぇ番組出てきたなって」と当時の出来事を語り、「その2人がやっぱりこうやって大人になったっていうのはうれしいわ」と感慨深そうに話していました。




そんな「松崎しげる」のやりたいこととは、「大人になったKinKi Kidsと酒が飲みたい」ということで、「おいしいクラフトビールを飲みたい!」。場所は、今年「4月」に「オープン」した「東京・神田」にある「びあマ 神田」です。店内には国内外の「クラフトビール」が「800種類」以上揃う「クラフトビール専門店」です。今回は、「クラフトビール専門家」の「藤原ヒロユキ氏」を「ナビゲーター」に迎え、今、話題の「クラフトビール」の魅力に迫りました。

「クラフトビール」とは、「大手メーカー」ではなく小規模な醸造所がつくる多様で個性的な「ビール」のことです。まず「1本目」に紹介されたのは「富士桜高原麦酒 ヴァイツェン」です。富士山の天然水を使った自然豊かな「ビール」です。「コクがある」と「松崎しげる」が感想を述べると、「ビール」にあう「ペアリング料理」も登場しました。「藤原ヒロユキ氏」いわく、「ペアリング料理」の「ポイント」は、「国で合わせる」「色で合わせる」「味の足し算」の「3つ」だといいます。

「色が濃い方が香ばしい。ということは、黒いビールにはよく焦げた、香ばしい料理が合う」と「色で合わせる」説明を「藤原ヒロユキ氏」が力説していると、「松崎しげる」は「やっぱり焼けた方がうまいかね?松崎こげるです」と「カメラ目線」で挨拶します。「堂本剛」は「ニヤリ」と笑い、周囲も笑いに包まれていました。

その後、「藤原ヒロユキ氏」の延々と続く「クラフトビール語り」に、「堂本光一」は「みてる人、中には「うんちくが」うるさいな〜って思ってる人、絶対おるよ!」と言いながらも、「俺は大好きやけどね、そういうの」と「フォロー」も忘れなかったのでした。




さらに、「堂本光一」は、「世界50カ国」以上で親しまれている「茨城県常陸野発のビール」「常陸野ネストビール ホワイトエール」の香りを「海外行った時にめっちゃ良いホテルに泊まらせてもらった時の匂い」と表現したり、長野県で「200年」以上続く酒蔵で作られた「志賀高原IPA」の香りを「ちょっとエロい匂いする」と言うなど「光一ワールド」が炸裂しました。独特の表現力に目が離せない展開となっていました。

最後に、「黒ビール」があまり得意でないという「堂本光一」でしたが、世界的な「ビール」の「コンペティション」で数々の賞を受賞している「大阪・箕面」の「黒ビール」「スタウト」を飲むと、「おいしい!」「これうまい!」と絶賛しました。紹介された「ビール」の中で、一番お気に入りだと語っていました。

「SNS」上では、「KinKiの番組でやってたクラフトビール飲みたい」「KinKiのブンブブーンで飲んでたクラフトビールほしい! 今から神田まで行ってくる!」「ただただビール飲みたくなるやつですね」などの声が集まっていました。

「松崎しげる」念願の「KinKi2人」と酒を汲みかわすことができ本当に良かったですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。