関ジャニ∞・村上★ジャニーズ重鎮★潰された鼻くそみたいな扱い受けた屈辱

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞・村上★ジャニーズ重鎮★潰された鼻くそみたいな扱い受けた屈辱」の事をお伝えしたいと思います。

多くの「レギュラー番組」を持ち、「MC」として大活躍中の「関ジャニ∞村上信五さん」です。「2月1日放送」の「ラジオ番組」「関ジャニ 村上信五 ジャニーズWEST 桐山照史中間淳太のレコメン!」「文化放送」では、「デビュー前」の「ジャニーズJr時代」に「“嘘をついて仕事をサボった”」という出来事を振り返りました。

この日の「ラジオ」は、「“”」にまつわる「エピソード」という「テーマ」でお便りを募集しました。その中で紹介されたある「リスナー」は、学生時代の部活で「おじいちゃんが死んだ」と言い訳して練習を「ズル休み」したところ、翌日の試合におじいちゃんが見に来て、すぐに嘘が「バレ」てしまったようです。これを聞いた「村上信五さん」は「思い出したこれと同じような嘘、「1回」だけついてるわ」「おばあちゃん殺してんねん」と、告白しました。

まだ「Jr.」当時、大阪で「村上信五さん」は友人と「明日も遊ぼうぜ」と翌日の予定を決めた後、「テレビ東京」の番組収録が入っていることに気付いたそうです。そこで、遊びの約束を優先するため「マネジャー」に電話をかけ、「おばあちゃんが危篤で」などと説明したといいます。「中間淳太さん」が「遊びたくてしゃなかったんですかね?」と、その頃の心情を察すると、「村上信五さん」は「逃げたんやわもう当時の振付師めっちゃうるさかったやろめっちゃ嫌いやったんや!」と、ぶっちゃけました。




振付師の個人名こそ出さなかったのですが、「中間淳太さん桐山照史さん」も心当たりがあるのか、「あ~そうですね」と、納得の反応をしました。「中間淳太さん」が「めっちゃ怒ってくるし」と情報を補足すると、「村上信五さん」は、「「“アイツに会いたくない”」も「嘘をついた理由として」あったわ。で、「行かんでええわー」っていうて、「1回嘘ついて。「サボ」ったん、「16 歳とかやったと思うわ~」

と回顧しました。「桐山照史さん」の「特に村上くんらの時代の方が大変ですもんね」という同情にも、「もう当時はスゴかったずっと怒鳴っとったからなあの先生」「村上さん」と返答し、「桐山照史さん」は「今はもうね全然ですけど」と「フォロー」を入れたのでした。

「「“踊られへん”」いうのもあったから行ったら怒られるし当時の関西のJr.」の扱いなんかもうホンマ」、鼻くそみたいな潰された鼻くそみたいな扱いだった東京の何べんも言うけど、「Jr.」との距離感とかも今みたいなんじゃないからさ仲良くなったJr.」現場におったらしゃべれるけど行ってもホンマにしゃべられるやつもおれへんとかね。「スタッフ誰やねんやから関西のそんな

と、「村上信五さん」は若かりし頃の苦い経験を吐露しました。この話を受けて「中間淳太さん」も「俺らの時もそうやったもんね。「関西Jr.楽屋がなかったですもんね」と明かし、「そうやろ廊下に荷物置いてなずっと立って待ってるとかなそんなんやったからなんかまぁいろいろ嫌やったんやろうな~。それが1回だけあったわうわ~、思い出したわあの時は「ホンマ」すみません!」と、懺悔したのでした。ちなみに、最終的には「おばあちゃんが危篤」の嘘は周囲に「バレ」てしまったといいます。




3人」の口から振付師の名前は出ませんでしたが、番組を聞いた「リスナー」は「「サンチェ氏ではないか」と予想しています。「サンチェ氏」といえば、「1997年」に「めちゃ×2イケてるッ!」「フジテレビ系」の企画で「ナインティナイン岡村隆史さん」が「SMAP」の「コンサート」に出演した際、厳しく指導にあたっていた人物です。「ジャニーズタレント」が「サンチェ氏」の「エピソード」を語る機会は少なくないだけに、「ファン」の間でも有名な振付師です。

そんな同氏に関しては、先日も「A.B.C-Zメンバー」が「“理不尽な理由で怒られた”」と、過去の思い出話で盛り上がっていたばかりでした。「ラジオ」「A.B.C-Z今夜はJ’s倶楽部」「NHKラジオ第11月30日放送」内で、「「五関晃一さんサンチェ氏に怒られたことがない」という話題が持ち上がったところ、「五関晃一さん」本人が「怒られたことないですね~」「代々いるよねそういう方たち。「嵐の」「大野」「くんもそうって言うもんね。「大野くん怒られたことないって」と、言及しました。「塚田僚一さん」が「まぁ、「サンチェさん」も「“丸くなった”」っていうのもあるんじゃない?」と見解を述べると、「昔は怖かった」「橋本良亮さん」「厳しかった」「五関晃一さん」などと、一斉に「サンチェ氏」の「“全盛期”」を懐かしみました。

また、「戸塚祥太さん」は「衣装のファスナー開いてただけで怒られましたから」と被害を告白しました。音楽番組「ポップジャム」「NHK」出演時の話のようで、「サンチェ氏」に「「A.B.C-Zいないのか早く出てこい!」と言われ、急いで衣装を着て出たところ、「くるぶしのところ」の「ファスナー」が偶然開いており、それを「オイ戸塚!」と、とんでもない剣幕で注意されたそうです。「今となってはスゴい良い経験ですよあぁいう荒波で」「戸塚さん」「気が引き締まるよね、「ピシって」「塚田さん」と語っており、彼らにとってはこの時代も貴重な財産になっているのでしょう。

村上信五さん」や「A.B.C-Zメンバー」の今の活躍は、こうした厳しい「レッスン」に耐えたからこそなのかもしれないですね。今後も「サンチェ氏」の「Jr.育成技術」に期待したいものですね。

ジャニーズアイドル」でも下積み時代の話を聞くとその時の悔しさが糧となってるのが良く分かりますよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。