安田章大★関ジャムトークコーナー出演★ファン歓喜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「安田章大★関ジャムトークコーナー出演★ファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「11月11日」の放送回では、「安田章大」が久しぶりに「トークJAM」に登場しました。




今年の「7月」に、「2017年」の「2月上旬」に脳腫瘍の一種である髄膜腫の摘出を受けていたことを公表した「安田章大」です。経過は良好とのことですが、それ以降「グループ全員」で出演する番組以外は出演回数がぐっと少なくなっていました。同番組でも、「演奏コーナー」「セッションJAM」に出演することはあっても、「トークコーナー」「トークJAM」に出演する回数が少なくなっており、今回久々に「安田章大」の姿を見た「ファン」からは「やすくんスタジオいる!うれしい!」「やすくんおるやん!! めちゃくちゃびっくりした。おかえり~」「やすくんスタジオ超久し振り!」と歓喜の声が上がっていました。

今回は、「ゲスト」に「テノール歌手」の「秋川雅史」と「音楽プロデューサー」の「坂本昌之」を迎えて「プロが選ぶ傑作カバー曲」を特集しました。「誰もが知る名曲のカバー曲」「隠れた名曲のカバー曲」「インスト曲のカバー曲」「セルフカバー曲」「女性ボーカル曲の男性カバー曲」の「6つ」の「ジャンル」に分けて、「カバー曲」の奥深さを徹底解説していきました。

そして、元々は「グスターヴ・ホルスト作曲」の組曲「惑星」の中の「木星」という、「オーケストラ」が演奏する楽曲であった「平原綾香」の「カバー曲」「Jupiter」「2003」は、当時「高校3年生」だった「平原綾香」本人の発案だったことを知ると全員驚きます。さらに、特徴的な「ブレス」から始まる「イントロ」も「敢えてブレスをイントロに採用した」ということがわかると、全員で「へぇ~」と感心しきりでした。




そんな中で、「秋川雅史」は初めてこの楽曲を聞いたのが「ドン・キホーテで買い物してる時に、BGMでかかってたんですよ。ドンキの北池袋店でね」と告白します。これには、進行役の「村上信五」も思わず「そこはいいがな!」と「ツッコ」みます。「秋川雅史」のおちゃめな一面に「スタジオ」も朗らかな笑いに包まれていたのでした。

一方、「ダウンタウン」をはじめ吉本興業所属の「お笑いタレント」で結成された「音楽ユニット・Re:Japan」の「明日があるさ」「2001」を披露した「ジャムセッション」では、「安田章大」だけではなく「ベース担当」の「丸山隆平」にも注目した「ファン」が多かった様子でした。今回は、「トークJAM」からおでこを出した「ヘアスタイル」をしていた「丸山隆平」でしたが「おでこ出しでベース弾いてるとか、めっちゃかっこよすぎ」「今日の丸ちゃんのデコ出しはカッコ良かった!オールバックより自然な感じ」「丸ちゃんのベースとおでこが良きでした」と「ファン」に大好評なのでした。

長期に渡り体調が良くなかった「安田章大」の元気な姿が見られて「ファン」は一安心したでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。