二宮和也★写ルンです世代目線★写真撮るのが日常★Jr.の強み語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★写ルンです世代目線★写真撮るのが日常★Jr.の強み語る」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「BayFM」が「11月11日」に放送されました。この日もさまざまな話題が取り上げられましたが、その中で「リスナー」の反応をもっとも集めたのは、「クラシックバレエ」の講師をしているという「リスナー」からの「メッセージ」でした。子どもの生徒の世話をするのが大変だといい、「二宮さんは、後輩や年下の成長をどういった時に感じますか?」とつづられていました。




この「メッセージ」に「二宮和也」はまず「いや、後輩はいっぱいいるけど、面倒見てる後輩いないじゃん」と断り、「でも、今のJr.の子とか見てると、どこの世界もさ、ベースがアップしちゃってるじゃん、基本的に性能が。もともとの性能が」といまの「ジャニーズJr.」を「ベタ褒」めしました。「比べようがないよね。俺らの時よりはるかにスペックがいいもん」と断言する一幕もありました。

実は「二宮和也」、「仲のいい後輩はいない」としながらも、同番組を通じてたびたび「ジャニーズJr.」や若手を絶賛しています。「10月21日」放送回でも「真面目だからな、今の子って」と評価していたほか、時には「ラジオ」で具体的に後輩の名前を挙げながら「知名度アップ」にも貢献しています。

ですが、「二宮和也」は「Jr.」や若手たちの「スペック」が自分たちの時よりも「アップ」している理由について「携帯やパソコンだってなんだってそう」と身の回りのものなど含め、すべての「スペック」が「アップ」していることを指摘しています。「俺らのとき、何回も言うけど、写ルンですしかなかった時代だから。写真を撮るって時に相当な勇気と決断が必要じゃん」と言い、枚数が「36枚」しかないため、無駄な写真は一切取れなかったことなどを話しました。




そういうことがあったため、写真に対し緊張感が強かったという「二宮和也」。「うまく笑えてないもんね。ジュニアの頃って」と言いつつ、「でも今の子ってすごい綺麗に笑っててさ。写真撮るのが日常化してるから自然じゃん。免疫があるじゃん。そこのスタートから違うから」と環境が「スペック向上」に役立っていると指摘します。「成長したってのは、できなかったものができるようになったり、大幅に時間短縮できたり、コンスタントに品質が保てたりってことだけど、もうそれできちゃってるもんね、最初っから」と「Jr.」や若手の成長を感じるよりも「スペック」が高いことを感じることが多い様子を見せました。

最後には「俺らの時は全然なかったけどさ、踊りを極めたいとかうまくなりたいってなったらYouTubeとか見て自分の趣味嗜好を探れる時代になったじゃん。だから成長速度はめちゃめちゃ速いんだろうね」としみじみ語っていましたが、「リスナー」からは、「Jr.の子のスペックが高いって話、よく考えれば腑に落ちた」「確かにいまのJr.の子ってスペック高いね!」「いろんなアイテムがスペック向上に役立ってたのか」という声が寄せられていました。

家電も自動車も「5年」経過すれば全く「スペック」が変わってしまうように実生活も「5年」たてば変わってしまいますよね。「Jr.」も同じようなことが起きているんでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。