ジャニーズファン鉄の掟解説★山田美保子氏に聞いたことない★批判続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「ジャニーズファン鉄の掟解説★山田美保子氏に聞いたことない★批判続出」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・大倉忠義」が「公式携帯サイト・Johnny’s web」で「“過剰な追っかけ行為”」に苦言を呈し、「ジャニーズファン」の「マナー問題」が注目を集めています。「11月12日」放送の情報番組「とくダネ!」「フジテレビ系」では、過去の事例を振り返りながらこの一件を特集しましたが、解説役で登場した「ジャニーズファン」の「放送作家・山田美保子氏」の発言に批判が続出しています。

「大倉忠義」は連載「関ジャニ戦隊∞レンジャー」「11月8日更新」内で、駅や空港での移動時に多くの女性が待っていること、こうした「ファン」が一般の利用者にも迷惑を掛けていると、具体例を記述しました。「プライベート」にもつきまとってくる「ファン」の存在を明かし、「普通の人に戻る方がよっぽど楽だろう」「そろそろ限界だ」などと本音を吐露しました。昨今、「一部ジャニーズファン」による「入り・出待ちのマナー」が問題視されており、「9月」には「King&Prince」が宮城で「コンサート」を行った際、仙台駅に多くの「ファン」が集結しました。「ホーム」に人がごった返し、「メンバー」が乗った新幹線は混乱によって発車が遅れたといいます。




そんな中、今回の「とくダネ!」は「大倉忠義」が綴った「Johnny’s web」の内容を伝えつつ、街の「ジャニーズファン」に聞いた意見や、過去に「Kis-My-Ft2・玉森裕太」、「Hey!Say! JUMP・八乙女光」らも駅で出待ちをする「ファン」に言及した件を紹介しました。「ジャニーズ事務所サイド」も「公式サイト」で公共交通機関の利用に関して「ファン」に注意を促している点を視聴者に説明しました。「山田美保子氏」は「ジャニーズファン歴50年」として「スタジオ」に生出演し、「大倉忠義」の連載を受けて「私もこんなことになってるっていうのは正直知らなかったので、ビックリしました。あと、マナーを守っている、ルールを守っている方が大半なので、そのファンの方たちが本当に今、悔しい思いをしているだろうなと思います」と、「コメント」しました。

また、進行の「伊藤利尋アナウンサー」は「山田さんの取材によると」と前置きした上で、「鉄の掟というか、暗黙のファン同士のルールというのがあるんだということなんですね」「出待ちができるのは、山田さん。手紙を渡したい人だけですよ「ということ」?」と、確認しました。話を振られた「山田美保子氏」は「出待ちといっても、東京ドームとかではないですね。例えば日生劇場であるとか、シアタークリエであるとかの舞台にアイドルさんが出ていらっしゃる時に、そのお目当てのアイドルさんにお手紙を渡す列ができてます」「リーダー格の方がちゃんと整列をさせて、静かに待っていますね」と、証言しました。

番組では手紙の受け渡しについて、「代表者が全員の手紙をまとめて渡す」「代表者をじゃんけんで決める場合も」などと、「ボード」を使っておさらいしました。ほかに、「「電車で」同じ車両に乗るのはNG」「ホームには上がらず改札の外で出待ち」との「ルール」を受け、「山田美保子氏」は「改札の外も本当にできれば出待ちしない方がもちろん望ましいのですが」と言いつつ、駅員や「イベンター」が「ロープ」で規制している光景を見たことがあると語っていました。飛行機も同様に「同じ便に乗るのはNG」ですが、もし搭乗してしまった場合は「ブランケットなどをかぶり存在を隠す」とのことでした。

「大倉忠義」も前述の連載で「プライベート」の食事中に駅や空港にいる「ファン」が横の「テーブル」にいたと嘆いていましたが、「山田美保子氏」は「顔を覚えられてしまっているファンの人の場合は、やっぱりその同じ便に乗ることによってアイドルさんにストレスを与えてしまったり」と、移動の「リラックスタイム」を邪魔しないためにも「「“自らブランケットをかぶって存在を消す”」という方がいるということを聞きました」と、「コメント」しました。番組は「アイドル」の後ろで、「ブランケット」らしき布を使って顔や体を隠す様子を「イラスト化」し、視聴者にわかりやすくまとめていました。ですが、「とくダネ!」を見た「ジャニーズファン」は主に「山田美保子氏」の「お手紙をわたす列」といった解説に、憤怒しました。実際、こうした場面はあるようですが、「ジャニーズ事務所」が「サイト」を通じて「ファン」に呼びかけているような公式のものではなく、「“知る人ぞ知る”」世界の話のようです。




それだけに、「「とくダネ」のせいで、今後劇場や改札外の出待ちが急増したら誰が対応するの。公式への取材で確認できないような暗黙のルールを流しちゃだめでしょ」「グレーゾーンの列の話を発信するなら、山田さんが提供した情報が間違いではないか事務所に確認を取るべき」「事務所が認めてないことを、公式ルールかのように言ったのは問題。迷惑行為を助長する」「山田さんの発言は、間違った情報だし、問題になっているヤラカシを助長する危険性もある。ジャニーズウォッチャーを名乗って仕事するなら責任取るべき」と、非難の声が続出しています。

さらに、飛行機に同乗した時は「ブランケットなどをかぶり存在を隠す」との文言にも、「山田美保子に嫌悪感。ブランケットかぶればいいって意味不明。列の話も堂々と話したから、今よりひどくなる可能性あるよ」「ブランケットで存在を隠すなんて、聞いたことない」「ブランケットかぶれば同電してもOKだと開き直る輩が続出したら、どう責任を取るつもりか」といった意見が噴出しています。

「ジャニーズファン」の「山田美保子氏」は、自身が見聞きした現状を報告し、警鐘を鳴らす目的で出演したものとみられますが、かえって波紋を呼ぶ結果になりました。今一度、「ジャニーズ事務所側」が禁止事項を周知する必要もあるのかもしれないですね。

最近の「一部ファン」の行動には問題視しなければならないのは事実です。ですが「山田美穂子氏」の見解はあくまで一個人の意見であって賛否両論あるのは当然ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。