キンプリ★紅白内定★ジャニーズ枠・5枠継続★BTS帳消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「キンプリ★紅白内定★ジャニーズ枠・5枠継続★BTS帳消」の事をお伝えしたいと思います。

「2018年」の「NHK紅白歌合戦」に、今年「デビュー」した「ジャニーズ事務所所属・King & Prince」が出演内定と、「11月13日」付の「スポーツ紙」が一斉に報じました。明日「14日」には、「NHK」が正式に出場者を発表すると見られていますが、例年話題になる「“ジャニーズ枠”」についても、「各メディア」が取材を進めているようです。

今年の出場は確実視されていた「キンプリ」ですが、一方で、「24年連続」「紅白」に食い込んでいた「TOKIO」は、「山口達也」の事件により、かなり早い段階で「落選が決まっている」と言われていました。ただ、「“TOKIO枠”」が「キンプリ」に「スライド」するのか、枠自体が消滅なのかは、まだ確実な情報は出ていないようです。




昨年出場した「ジャニーズグループ」は、「嵐、TOKIO、Hey! Say! JUMP、関ジャニ∞、Sexy Zone」の「計5組」でした。「ジャニーズ枠」に関しては、「2015年」の「7枠」が最大で、「16年」に「6枠」、「17年」に「5枠」と、年を追うごとに「1枠」ずつ減少しています。

そこで、今年はさらに「1グループ」が削られる「“4枠説”」が飛び交うようになっています。「嵐」は司会なので「“鉄板”」として、「Sexy Zone」に関しても、初出場からずっと「ゴリ押し」を続けているのが、他ならぬ「ジャニー喜多川社長」であることから、こちらも出場が確実とみられています。となると、「JUMP」か「関ジャニ∞」、いずれかが落選するのでは と言われているようです。

「CD」売り上げという点から見れば、「JUMP」に軍配が上がるところですが、「グループ」が「紅白」に初出場したのは昨年のことでした。

「紅白」に関しては「連続出場」に重きを置くところもあり、その点から鑑みれば、「関ジャニ∞」は「12年」から出場が続いています。ですが、今年の「関ジャニ∞」は「メンバー」の「ベッド写真流出」が相次ぎ、「ボーカル」の「渋谷すばる」が脱退、「ジャニーズ退所」と、苦難の「1年」になってしまっています。そういう意味では、どちらが落選しても不思議ではないようです。




一方で、多くの音楽業界関係者は、今年の「ジャニーズ」は「“5枠継続”」と見ているようです。

今年は「BTS」の「トラブル」から、「K-POP勢」の出場は帳消しになると言われており、混戦となった昨年に比べて、むしろ「“枠あまり”」が発生しかねない状況です。そんな中、あえて「ジャニーズ枠」を削るという判断を、「NHK」が下すとも思えないだけに、「5枠継続」は妥当な判断のようです。

なお、「キンプリ」は先日活動休止を発表した「岩橋玄樹」を除く、「5人」での出場になると見られます。例年、初出場組は「NHK」で開かれる記者会見に出席しますが、まずは「キンプリ」の初出場を祝福したいものですね。

「ジャニーズファン」にとって「4枠説」だけは阻止したい心境ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。