大倉忠義★迷惑ファン告発★後追い報道飛び交う★ジャニーズから異例の通達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★迷惑ファン告発★後追い報道飛び交う★ジャニーズから異例の通達」の事をお伝えしたいと思います。

「公式携帯サイト」「Johnny’s web」内の連載「関ジャニ戦隊∞レンジャー」で、過激な追っかけ「ファン」の存在について言及、警告した「関ジャニ∞・大倉忠義」です。駅や空港でつきまとい行為を受けることが大きな「ストレス」になっているという内容はかなり衝撃的で、「ファン」以外の間でも物議を醸しています。そんな中、「ジャニーズ事務所」は、「大倉忠義」の告白をめぐって、「マスコミ」にある異例の通達を行っていたといいます。

「大倉忠義」は「11月8日」、「ルールを守らない方達について」とする文章を掲載しました。すぐに「ファン」の間で話題になり、「テレビ」や新聞などの「一般メディア」が後追い報道を行いました。




先月は「Hey!Say!JUMP・八乙女光」、また昨年「11月」にも「Kis-My-Ft2・玉森裕太」が同様に、「一部ファン」の行動を非難する文章を「Johnny’s web」で書いています。この時「ジャニーズサイド」は、同件を「マスコミ」が「ニュース」として取り上げることに許可を出さなかったのですが、今回の「大倉忠義」に関しては、「OK」を出しました。むしろ「“拡散してほしい”」といった「スタンス」のようです。そもそも「有料サイト」である「Johnny’s web」は、基本的には転載禁止だけに、今回の「ジャニーズ対応」は異例中の異例と言えるようです。

この件は「スポーツ各紙、テレビ」の情報番組、さらには「“ジャニーズ御用達”」とされる「女性自身」「光文社」でも大々的に取り上げられており、大きな話題を呼びました。

これまで「ジャニーズ」は、こうした「過激ファン」の問題を公にせず、ごく内々に処理したいという姿勢でした。「タレント」に対して、どれだけ非道な行為を働いたとしても、相手は「一応ファン」ですし、また、わざわざ「ニュース」として取り上げなくても、「タレント本人」が「サイト」などで情報発信すれば、当事者やほかの「ファン」にも十分に届くと思っていたようです。むしろ大々的に報じられてしまうことで、結果的に「グループ」に「ネガティブ」な印象がついてしまうのではないかとの恐れから、以前は「過激ファン」に関する報道は自粛してほしいといった態度だったといいます。




これまでにも、「ジャニーズ」は「オフィシャルサイト」や「ファンクラブサイト」上では、積極的に「一部ファン」への注意喚起は行ってきました。

ですが、目立った効果は得られなかったのか、今年秋には「King&Prince、Hey!Say!JUMP」の「一部ファン」が、「メンバー」の乗った新幹線の「ホーム」に殺到し、一般人にも迷惑をかける「トラブル」が発生しています。この時は、「グループ」を問わず、全ての「ファンクラブ会員」に、公共交通機関の「利用マナー」について長文の「メール」が送られてきました。事務所として、この問題に真剣に取り組んでいくという姿勢が伝わってきました。

昭和の時代から、「所属タレント」や「スタッフ」を悩ませてきた「過激ファン問題」です。今後は「メディア」や世論の力で、少しずつでも状況が改善されることに期待したいですね。

「ジャニーズ事務所」が本腰を入れてきた事態に「ファン」は改めて「ジャニーズアイドル」との接し方を考える時がきているのかも知れませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。