加藤シゲアキ★やることいっぱいあるから別にいい★友人関係不要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「加藤シゲアキ★やることいっぱいあるから別にいい★友人関係不要」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「11月13日」深夜の放送回には、「加藤シゲアキ」が「ゲスト」として登場し、仕事と「プライベート」の違いについて語りました。

「リスナー」から「慶ちゃん、シゲちゃんのテレビでは見せないような素顔があったら教えてください」というお便りが届くと、「あんま変わんないからね~」と「加藤シゲアキ」。ただ、特に変わりはないとしながらも「オンとオフはあるじゃない、仕事だから」と「小山慶一郎」は言い、「無理してテレビに出る方がしんどくなったりするから」と「コメント」しました。




「加藤シゲアキ」の性格について、「小山慶一郎」は「昔よりどんどん落ち着いてるよね」とのことです。「グループ」内では特に「手越祐也」の「テンション」が高いことが多いといいますが、ほかにも「増田貴久」の「テンション」が高い日などもあるようで、その時は、ほかの「メンバー」が見守る側になることで「バランス」を保っていると語りました。

一方、「小山慶一郎」の性格について、「加藤シゲアキ」が「年々引きこもりでしょ?もう」と指摘すると、「小山慶一郎」も「毎日アクティブみないなのはないなぁ。家をいかに充実させるか、みたいな」と「コメント」し、家は落ち着くための空間であり「オフにするための家」だと明かしていました。

「加藤シゲアキ」も「小山慶一郎」と同じように家で過ごすことが多いようですが、「年々アウトドアになるところもあるし」と、昔より「アクティブ」になっている側面もあるようです。ただ、小説家として執筆活動もしているため、「ちょっと小山さんと違うのは、家が仕事場だからさ。「家は」仕事しやすいっていうところもある」とのことで、家は執筆にふさわしい空間になっているようです。「だから逆にオフもないっちゃないし。ずっとオンっちゃオンだし」と言い、「アイドル」の仕事が終わった後も小説家の顔に「シフト」するだけで、結局はずっと「仕事モード」であることを明かしていました。




番組冒頭では、「11月11日」に「31歳」の誕生日を迎えた「手越祐也」を祝いつつ、「いい年齢だね~、みんな。シゲも31歳、まっすーも32「歳」か」「小山」「小山さん、来年35「歳」ですか。四捨五入したら40「歳」だよ」「加藤」という会話を繰り広げていた「2人」でした。「おじさんになっていくカッコよさもあるよね」と「小山慶一郎」は語っていましたが、歳を重ねるにつれて「アクティブの種類が変わってきてるかな~。もうね、なんでもやりたいというよりかは、自分がやることを一生懸命続けていくしかないなぁ」と、「加藤シゲアキ」も「30歳」を超えて考えに変化があったと語っていました。

ただ「2人」とも、最近は家に引きこもってばかりいるせいで「友達とか全然いないし!」とのことでした。「加藤シゲアキ」は、「なんかそんな別にいいかな、みたいな。やることいっぱいあるから、友達と会ってる時間もないし」と気にしていない様子で、友達を作るなら「芸能人ていうか、同業者とかスタッフとか。結局は仕事の話がしたいんだと思うけど」とのことで、「オン」でも「オフ」でも仕事人間であると明かしていたのでした。

そんな「加藤シゲアキ」に「ファン」は「シゲちゃんどこでお休みしてるの?」「家が仕事場だと、どこでリラックスするの?」と心配しつつ、「家が仕事場って、カッコいい!」「「家が仕事場」って言い方、かっこいい」と惚れ直した人も多かったようです。

「ジャニーズアイドル」ならではの生活環境なのでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。